ARM

遅まきながら税金やるために机の上に積み上げた一年分の書類を整理してたら、 ARM (Adjustable Rate Mortgage) のレート変更のお知らせがいくつか出てきた。元々のローンの契約で、レート変更の前には「現状では新しいレートはこうなります」というお知らせをしないといけないことになっているらしい。実際には新しいレートが有効になる時点での LIBOR を元に算出されるので、このお知らせの中の数字は、投資記事の「利上げはあるのか、あるならいつだ?」という予想記事程度の信憑性しかない。しかし、現在よりも大きな数字を見せられると、やっぱりちょっとビビりますよね。そこに追い打ちをかけるように「今リファイナンスすれば、あなただけ特別に◯◯%!」とかいうお誘いが来るというシナリオ。

前にも書いたように ARM の最初5年のレートは 2.75%。2016年11月から変動金利。

4月に来たお手紙では新しい利率(推定)は3.75%。これを放置していたら9月には4%というもっと恐ろしげな数値に。実際にはローン・モディフィケーションで一ヶ月分に相当する手数料のみで2.875%を勝ち取ったのですが。

ローン・モディフィケーションの利率も結構変動するようなので、今回はなんともラッキーでした。

Rate Renew

うちの住宅ローンがCapitalOne 360の5/1 ARM (最初の5年は固定金利、その後、毎年金利が変わる)なのは何度か触れましたが、もうすぐ固定期間が終わるのを放置していたら、オンライン口座にネット上でRate Renew というオプションが登場しました。ローンの支払いは銀行口座から自動振込で、滅多にこのページを開けることがないので、いつからこのオプションが出ていたのかわかりませんが、郵便では「固定期間が終わります、新しいレートは4%です、リファイナンスのご相談はこちらに電話してください」というものしか来たことがありません。リファイナンスの手数料が結構高いので、それを払うくらいならペイオフしてしまっても、と思ってた矢先のことでした。(中西部の不動産価格はそんなものなのです。)

このページの説明によると、トータルのローン期間を伸ばすことなく500ドル弱の手数料のみで新しく5年の固定期間を設定できるとのこと。新しいレートは2.875%。今のローンそのままだと次の1年は4%になるので、それよりはずっとお得ですね。扱いとしては現行のローンのloan modificationになるようです。リファイナンスよりずっと安いです。

screen-shot-2016-09-28-at-11-30-15-am

当該ページのスクリーンショットを見ても、maturity dateは変わっていませんね。

銀行側としても、クレジットスコアは高いし、これまで5年間、一回も支払い遅れたことないし、CapitalOne内の他の口座の情報を共有するのかどうかは知りませんが(しないはずはないと思いますが)他の口座にも貯蓄があるし、そもそも指標金利が低いままなので、固定金利期間終了が目前に迫っているのにリファイナンスの相談がないということは、他所でリファイナンスを考慮している可能性がある、それならお客を逃すよりは安い金利でも続けてもらいたいのでしょうね。

ということで、さっそく申し込みました。果たして本当に500ドル弱で済むのか?Hidden costはないのか?初めての経験なのでちょっとワクワクドキドキします。

Interest rate

自宅のローンは5/1 ARM (最初の5年間は利率固定、その後は毎年利率が変わる)で、この秋には利率固定期間が終了し、変動期に突入することに気がついた。先日レンダーから予想利率通告の手紙が来たのだけれど、それによると利率は今よりかなり上がるらしい。と言っても3%台だけど。この機会に久しぶりに最近の住宅ローンの利率なるものを調べてみた。

結論からいうと、リファイナンスすれば今と同じくらいの利率をキープすることができるけど、リファイナンスの手数料がばかにならない。完済もオプションの一つではあるけれど(中西部の不動産価格ならではのオプション)、大幅にキャッシュが減るのもちょっと不安。このまましばらくARMを続けて、折を見て完済しますかねえ。

最近の住宅ローン審査の傾向と対策

こんな新聞記事があった
Triggers of Lender Scrutiny – New York Times

要は、住宅ローンの申し込みをするときにはウソをついてはいけませんよ、という、ごく当たり前のことばかりなのだが。

  • 直前に多額の預金があった場合、その資金の出所を明らかにすること。家の頭金として家族から贈与を受けたのなら、その旨、はっきりと説明する。
  • 住所。「自家」を購入するためにローンを組む場合、その「自家」と職場が離れ過ぎでいると怪しまれる。在宅勤務をしているなら、その旨、会社から一筆書い てもらった方が無難。子供がたくさんいる大家族なのに、ワンベッドルームの家を「自家」として買うと、これまた怪しまれる。
  • 住宅ローン申し込み前後に新しい借金(新しいクレジットカードを取得する等)を作らないこと。
  • 自己申告した収入が、同業者の平均とかけ離れていると怪しまれる。(大学の教員が「年収10ミリオン」とか、ね。)ローン会社はタックスリターンをチェックすることが多いので、バレるようなウソは書かないこと。

逆に言えば、バブル期にはこんなウソは珍しくなかったということか?

何か間違ってる…

待望の(?)タックスリターンのためにいろんな書類を引っ張り出していると、去年、シカゴの家を売ったときに住宅ローン会社から来た手紙が出て来ました。こちらはオリジナルのローン会社からわたしのローンを引き継いだ、某銀行系住宅ローン会社です。(ちなみに、偶然なのかどうか、わたしのクレジットリミットを思いっきり減らしてくれた会社と同じ親会社です。株のシンボルはアルファベット一文字。)
Read more