「つわりTL」ツイッターのまとめを見て思ったこと

なんかちょっと面白い話題がツイッターに出ていたようだけど、乗り遅れたので、思うことを勝手にちらほらと。

(主にアカデミアを念頭においていると思われるけど)「日本で女性研究者が少ないのは」という話題から、「そういえばつわりの酷い人は大変だね」という話題になり、「つわりのメカニズムは解明されているのだろうか」とか「つわりの人種差ってあるのかな、日本ではつわりが酷くて入院したとか聞いたことあるけど、アメリカやヨーロッパでは聞かないなあ」とかいう話題に広がっていったこのTL。発言者が理系・生物系が多いということで、ほぼサイエンティフィックな流れに終始したようなのだが、自分としては「ちょっと違うんじゃないかな」というのが第一印象。

ヨーロッパはよく知らないので何とも言えないけど、アメリカで「つわりで入院した」という話を聞かないのは、経済的なものだろうと思う。もちろん、真冬でも半袖で外を闊歩するアメリカ人を見ていると、つくづく日本人とは体の作りが違うなあとは思う。しかし、日本では正常妊娠・分娩は健康保険の適用外だが、つわりが酷ければ「重度妊娠悪阻」とかなんとかで保険が効く。アメリカでは保険の種類によって妊娠・出産をカバーするものとしないものがあるが、カバーしない保険しか持ってない場合はつわりで入院するなんてまず経済的に不可能。妊娠をカバーする保険でも、つわりの場合、輸液と経過観察が基本的な線だろうから、アメリカの保険会社が外来治療ならともかく、そんな「入院」をカバーするとは思えない。現代アメリカの「入院」というのは「生命の危険があり、それに対して外来では対応しきれないような積極的な治療が必要」なのが標準のようである。

さらに(自分の印象に基づいた根拠のない)意見を述べさせてもらうなら、日本では、入院でもしなければ、その重篤度が認めてもらえないという社会的制約があるのではないかと思う。うちの職場の子持ちのアメリカ人(30代男性、白人)は、自分が風邪を引いたと言っては休み、子供が風邪を引いてデイケアに預かってもらえない、昨日は奥さんが休みを取ったから、今日は自分の番だと言っては休む。彼自身は人当たりもよく、普段は熱心によく働く人なので、彼が自分の有給休暇の日数内でまかなっている限り、誰もそれで文句を言うわけではない。しかしこれが日本なら、風邪引いたくらいで休むと「なんだ、あいつ」と言われる恐れがあるし、特に男性が子供の病気のために休みを取るなど、心理的な抵抗がまだまだ強くて難しいのではないかと思う。

こないだ日本に行ったときに知り合いのところでセミナーをさせてもらったのだが、「セミナーは5時からだから、3時くらいに来てもらえれば」と言われて、ああそうだ、日本ではセミナーは夕方遅くに始まるのが普通だったんだと思いだした。これなんかも、別にセミナーを午後の5時から始めないといけないと大学の内規で決まっているわけではないと思うのだけど、「働くお母さんサイエンティスト」なんか存在しない時代から慣習として受け継がれてきたものだろう。だから、日本の「男女共同参画」とかいうヘンテコリンな掛け声ばかりいくら掛けても、頑張って法律を制定しても、それを利用する側の意識改革がない限り、根本的な解決にはならないのではないかと思うのである。