Wall Street meltdown

大統領選挙に国中がはしゃぎ回って(これはどう見ても、はしゃいでいるとしか思えない。アメリカの大統領選というのは、要は四年に一回のお祭りなのだ。)いる間に、経済が大変なことになっている。さすがにここ二三日、オバマがペイリンを豚呼ばわりしたかどうか、などというしょうもない話題はニュースのトップから影をひそめ、代わりに「大恐慌」と言わんばかりの報道がひっきりなしに続けられている。(しかし、マスコミというのは、どうしてこういう風に、火に油を注ぐような報道ばかりするんだろう?)
Read more

不況

最近のニュースで景気の後退をいちばん実感させられたのは、「あなたの銀行は大丈夫?」とか「FDICはどのように働くか?」という記事である。

アメリカの銀行で口座を開くと、当座預金や定期預金には “FDIC-insured” と記載されてある。 FDIC とは Federal Deposit Insurance Corporation の略で、一定額まで個人の銀行預金を国が保証するという制度である。これは1920年代の大恐慌の際、多くの銀行が倒産、それに伴って口座保持者が預金引き出しのために窓口に殺到するという、いわゆる「取り付け騒ぎ」が頻発したため、その反省から生まれたものらしい。
Read more