さようなら、Gigi

先週の木曜日、Gigiが亡くなった。うちに来たのが2009年の秋だから、7年弱のお付き合い。生年月日不詳でレスキューサイトの情報では当時2歳くらいということだったが、獣医さんの見立てでは5歳くらいではないかということだった。

来たばかりの頃

Gigi

この窓際に座ってたのは来てすぐの頃だけで、その後の定位置は同居人のデスクの側の椅子、通称「オフィス」

IMG_0860

同居人が大好きで、留守の間はこうやって椅子の背から外を眺めて同居人の帰宅を待つことが多かった。

一年くらい前からあまり椅子の背に登らなくなり、最後に登ってるのを見たのは去年の11月。

IMG_0989

時々消化不良(?)で夜中に起きだして外で草を食べたがるのを除いてはこれといった病気もせず、手間のかからない子だった。

昨秋に頭のてっぺんに腫瘍があるのを見つけ、今年に入って目立って大きくなってきたので3月はじめに獣医さんのところで切除。マージンもはっきりしていたので悪性の可能性はまずないだろうと思っていたが、いちおう組織でも良性とのことだった。

調子が悪くなりはじめたのはその一ヶ月後くらいからか。4月末には灰白色の血便が出たので消化管疾患を疑ったが、不思議と食欲は普通通り。様子を見ているうちに症状は消えた。この様子ならもうちょっと長生きしてくれるかなと思っていたのだが、考えてみれば尻尾もほとんど振らなくなったし、大好きだったドライブの車の登り降りが大変で、あまり積極的に出かけたがらなくなった。「オフィス」も椅子の座部に上がるのが困難になった。5月には裏のパティオに出るドアを開けておいても、ペットドアを通るのが面倒らしく、適当に思いついたところでトイレをするように。(本犬なりに自分のテリトリーを汚さないようにする努力はしていたようであるが。)階段を登るのはまあまあ大丈夫でも、下りるのが危なっかしいので、毎朝ベッドから抱えて外に連れ出し、用を足させる必要があった。運動しないのに食べる方は健在だったから抱えるとずっしり重く、こちらまで階段を踏み外しそうになったことも。ネットで見ると、亡くなるまで何年も介護したという話もあり、うへ〜、これが年単位で続くのか〜と思っていたら、水曜日(6月8日)の午後あたりからひどく不穏に。

その日も朝ごはんは普通に食べたのだが、わたしの不在中に嘔吐したらしい。それまで一日中ほとんど動かずにベッドで寝てばかりだったのが、この日はウロウロと家中を歩きまわり、ペットドアを通って出入りもした模様。夜になっても不穏はひどくなるばかりで、抱いてやっても何かに怯えるかのごとく家具の隙間に入り込もうとする。思い返してみれば、独立記念日の花火のときの行動にそっくりだった。花火の音に怯えて逃げようとして家具の隙間に入り込もうとするのだが、どうやっても逃げられず、不安でハアハアと舌を出して過ごすのが恒例だった。ある年(三年前?)には花火の中、外に出た隙に脱走して、大通りの近くで親切なおじさんに保護されたこともあった。

とにかくこれでは人間の方も寝られないので、キッチンの床から危険そうなものを全部取り除き、普段は開け放しのキッチンのドアを閉めて閉じ込めたのだが、キッチンを徘徊しているうちに角にぶつかって前進できなくなると悲壮極まりない声で泣くのでこちらも目が覚める。好きなだけ徘徊させれば疲れて寝るだろうとおもいきや、疲れるとその場でバタンとクラッシュしてイビキをかきはじめるのだが、長く続かず、すぐに目が覚めて徘徊を再開する。こんなに歩き回れば喉が渇くだろうと水をやると、狂ったように水を飲み始め、そしてすぐに嘔吐。角がなければぶつかる心配もないということで同居人が空のバスタブの中で徘徊させようとしたのだが、どうも本犬のサイズに対してバスタブが小さすぎるためか、うまくいかず。犬も人間も眠れぬ一夜を過ごした直後の姿がこちら。

IMG_1172

パティオから庭に下りようとして階段を転げ落ち、パティオの柵から身を乗り出して飛び降りようとするので、決して外に出さないように同居人に厳命して仕事に行ったのだが、昼過ぎに「Gigiが死にそうだ」と電話がかかってきた。しばらくしてもう一度電話。「死んだよ。」

今年初の熱波の中、同居人に迎えに来てもらって家に着いてみれば、ようやく徘徊を止めたGigiはまだ暖かかった。

夕方、少し気温が下がるのを待って埋葬。

IMG_1182

こうして見ると、等身大のぬいぐるみみたいだね。

IMG_1189

お墓には前日の食べ残しのご飯と、以前歯を磨いているときに抜けた歯と、あちらでお小遣いが必要かもしれないのでコインをいくばくか、入れてやった。

IMG_1193

さようなら、Gigi。 We miss you.

IMG_1200

 

 

 

 

 

Can the Bulldog Be Saved?

今日のNew York Times Magazineの記事から。今風に言えば、「ブルドッグって、おわってる?」ていうところ?ブルドッグの品種の「理想」を追求し続けたあまり、純血のブルドッグは動物として生きていくのに適さなくなってるのではないかという記事。へちゃむくれた平らな顔のため気道が狭く、少し運動させるとすぐに息切れする。食物を誤嚥して肺炎を起こすこともしばしば。処置のために麻酔をかけ、挿管したら、覚醒しても自己抜管しないのだそうだ。(挿管されている方が、普段より呼吸が楽なためらしい。)皮膚にヒダがあるのが良いとされるため、しわの間に感染を起こす。角張った体型のため、いまや自然に交配することもできず、出産も帝王切開を要する。これがGM(遺伝子組み替え)で作られた品種なら、環境保護団体をはじめとする色々な団体がさんざん反対運動を起こしているだろうが、これは「普通の」交配で生み出された品種なので、大声で反対を唱える人はまだ少ない。しかし、イギリスのケンネルクラブはすでに「理想のブルドッグ」の定義を少し変更し、人工的に定義された「理想」のために動物の健康を損なうことがないようにという動きを見せている。

ブルドッグの人気の秘密は、そのへちゃむくれた顔、ずんぐりした体型、人が介助しないとほとんど何もできないところが、まるで(人間の)赤ん坊のようで、飼い主の母性本能をくすぐるのだそうである。ドッグショーではnon-sportingカテゴリーだが、同じカテゴリーの(見た目の)対局ともいえるのがプードルである。わたしは個人的には断然ブルドッグよりはプードル派であるが、好みの犬のタイプによる性格診断なんてあるのかしらん。(プードルはなんと言っても、あの長い鼻面がいいよね。賢そうで。テディベアカットだか何だか知らないけど、せっかくの長い鼻面が映えないのは好きじゃない。)

長いけど一気に読める興味深い記事。とくにペット好きには一読の価値ありと思う。

Gigi 近況

わんこがうちにやってきて、一年がほんの少し過ぎた。はじめは誰にでもなつく愛想のいい犬かと思っていたら、どうやら誰が飼い主が自覚しておらず、「誰かワタシを拾ってください」という意思表示だったらしい。いったんうちの同居人を飼い主と(自分で一方的に)定めてからは、同居人に対しては驚くばかりのハチ公状態。わたしのことは大きく引き離して二番目くらいに思ってるらしい。

来て一週間ほどで一度脱走した以外は、幸い事故や病気もなく、マイペースで暮らしている。ときどき食べた物を吐いたり、ハンストをしたりすることもあるが、様子を見てるうちに勝手に自分で問題を解決しているようである。

ご近影。


これは夏にコロラドに遊びに行ったときのもの。


今日のおいぬさま。耳毛が長くなりすぎて、餌皿の中に入るようになったため、大分トリムした。

Picnic

今日は Memorial Day 。ネブラスカ東部はカラリと晴れ上がった気持ちのよい天気で、同居人が Farmer Bill に会いに行くというのに無理矢理一緒に連れて行かれた。

Farmer Bill というのは同居人が医薬用マリファナ合法化を推進する会か何かで知り合った地元の農場主らしいのだが、わたしはマリファナ合法化運動にはあまり関わる気はない。近くまで行ったものの結局 Farmer Bill と連絡がつかず、わたしとしては「それ見たことか」と内心ほくそ笑んでいたのだが、せっかくここまで(オマハから西に30〜40マイルくらいの所)来たのだからピクニックでもして帰ろうということで、近くの町の公園でピクニックをした。

公園のガゼボ。中にピクニックテーブルがいくつかある。

カントリーサイドに行くというのでこれも連れて来た。

ジジは車に乗るのが大好きである。同居人が車のキーを手に玄関を出ようとすると、いつも大興奮する。車のドアを開けると、真っ先に飛び乗る。この間なんか同居人が車の中から何か物を出そうとしてドアを開けたとたん、ジジは中に入り込んで頑として出て来ない。仕方ないからそのままドアを閉めて家の中に入ってしまったら、いつまでも辛抱強く車が動き出すのを待っていた。

Gigiからのお願い

ご無沙汰しております。ワンコのGigiです。

ワタシは小型犬のレスキュー組織から貰われてきたんですが、shelter challengeというので一番たくさんクリックを集めたシェルター/レスキューに賞金が出ます。不幸なワンコを一頭でも多く助けるため、よければワタシのレスキュー組織に投票してください。

投票の方法は、ここでStickneys Toy Breed Rescue and Retirement Sanctuary(州名でNEを選択し、シェルター名に”stick”と入れてサーチすると出て来るはずです)と入れてクリックすると、次のページに動物の写真が出て来ます。その動物の名前を英語で入れてもう一度クリックすると、投票が完了します。

「英語で動物の名前入れるの、間違えたらどうしよう」という方のために、今まで出て来た動物名を挙げておきます。

dog, cat, horse, bear, fish, frog, raccoon, rabbit, pig, cow

Hogとかstallionとか、難しい名前で入れる必要はありません。Pigとhorseでいいのです。

4月18日まで一日一回、どうぞよろしくお願いします。

犬を飼うということ

ジジが家にやってきて一ヶ月。どうやら犬の方もここが自分の家だという自覚が出来てきたようで、その分、番犬気取りでちょっとした物音にもワンワンと吠えるのにはちょっと閉口する。それも吠えるのはわたしが音をたてたときだけで、同居人に向かっては吠えないのだから始末が悪い。
Read more