ARM

遅まきながら税金やるために机の上に積み上げた一年分の書類を整理してたら、 ARM (Adjustable Rate Mortgage) のレート変更のお知らせがいくつか出てきた。元々のローンの契約で、レート変更の前には「現状では新しいレートはこうなります」というお知らせをしないといけないことになっているらしい。実際には新しいレートが有効になる時点での LIBOR を元に算出されるので、このお知らせの中の数字は、投資記事の「利上げはあるのか、あるならいつだ?」という予想記事程度の信憑性しかない。しかし、現在よりも大きな数字を見せられると、やっぱりちょっとビビりますよね。そこに追い打ちをかけるように「今リファイナンスすれば、あなただけ特別に◯◯%!」とかいうお誘いが来るというシナリオ。

前にも書いたように ARM の最初5年のレートは 2.75%。2016年11月から変動金利。

4月に来たお手紙では新しい利率(推定)は3.75%。これを放置していたら9月には4%というもっと恐ろしげな数値に。実際にはローン・モディフィケーションで一ヶ月分に相当する手数料のみで2.875%を勝ち取ったのですが。

ローン・モディフィケーションの利率も結構変動するようなので、今回はなんともラッキーでした。

Interest rate

自宅のローンは5/1 ARM (最初の5年間は利率固定、その後は毎年利率が変わる)で、この秋には利率固定期間が終了し、変動期に突入することに気がついた。先日レンダーから予想利率通告の手紙が来たのだけれど、それによると利率は今よりかなり上がるらしい。と言っても3%台だけど。この機会に久しぶりに最近の住宅ローンの利率なるものを調べてみた。

結論からいうと、リファイナンスすれば今と同じくらいの利率をキープすることができるけど、リファイナンスの手数料がばかにならない。完済もオプションの一つではあるけれど(中西部の不動産価格ならではのオプション)、大幅にキャッシュが減るのもちょっと不安。このまましばらくARMを続けて、折を見て完済しますかねえ。