日本語書籍をキンドルで読む

日本アマゾンが日本語キンドル書籍の販売を始めて1年あまり。「これで海外からも日本語書籍を入手しやすくなる」と海外勢が喜んだのもつかの間、版権の問題で海外から購入できるキンドル書籍の種類は非常に限定されている。アメリカアマゾンから購入できる日本語書籍を検索したら、トップに出てくるのはエロ本ばかり。これ、アマゾンの問題なのか、日本の出版業界の問題なのか知らないけれど、ちょっと問題じゃない?(子供に日本語書籍を買ってやろうとアメリカアマゾンを検索して、子供の目の前でこんなの出てきたら、どうします?)

さて、この版権問題を突破して日本アマゾンから購入するための「攻略法」がネット上に公開されている。まずはこの手の問題のバイブルとも言うべきこのサイト

海外からKindle日本の本を購入して、読む方法
(続)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編
(続々)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編(追加)

何が問題になるかというと、日本アマゾンにアカウントを開き、日本に住んでいるふりをしてキンドル書籍を購入すると、5冊ほど買ったところで「最近、海外に引っ越されましたか?」というメッセージが出てそれ以上買えなくなる事例があるらしいということ。最初の5冊が問題なく買えるのは、日本在住者が海外旅行中に日本語書籍を購入する可能性がある、ということで許容範囲内なのだろう。

上のリンク先のサイトは非常に説明が詳しいので、そこを見ていただくのが一番なのだけど、最初のうちはこのメッセージが出た時点でVPNを使って日本のIP addressからアクセスしている振りをするか、日本の家族に頼んで自分のアカウントから買ってもらうことによって日本に帰ってきた振りをすることでこのブロックを解除できたらしい。

しかし、最近はアマゾンの方針が変わったのか、日本にいる振りをしてもブロックは解除にならないという話も聞く。そこで、まずブロックされないことが一番大事だろうと思ったので、どうすればうまく日本語書籍を買えるのか、ちょっと研究してみた。

ちなみに、わたしは以前はiPad2にキンドルアプリを入れて日本語書籍専用にしていた(と言っても買ったのは一冊だけなのだけど)が、iPadはわたしの用途には帯に短したすきに長しであまり使わないのでしばらく前に手放した。今回、やっぱり日本語用のキンドルがあった方が便利と思い、アメリカアマゾンからキンドル・ペーパーホワイトを購入。今のところ日本語書籍が読めるのは、iPhone、iPadのキンドルアプリか、キンドル・ペーパーホワイト。日本で売られているキンドル・ペーパーホワイトの方がアメリカで売られているものより容量が大きく値段も安い(為替レートにもよるけれど)らしいけど、アメリカ版でも日本語対応している。

以下は今回のセットアップの備忘録。

まず、キンドルが届いたら、使用言語を「日本語」に指定して立ち上げ。しばらくゴチャゴチャやっていたら、ユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入れる画面が登場、日本アマゾン専用にしているアドレスを入れはじめたら、全部入れないうちに勝手に次に進んだので、あれっと思ったら、日本語表示のまま、勝手に普段のアメリカアマゾンアカウントに設定されてしまった。おそらく、キンドルを注文したときに「ギフト」と特定しなかったので、向こうでデフォで自分のアカウントに設定されてきたのだと思う。(これまで買ったキンドルも、確かアカウントはすでに設定された状態で来たように思う。)仕方ないので「アカウント変更」を選択して、もう一度やり直し。今度は無事に日本アマゾンのユーザー名とパスワードを入れることができた。

さて、ここで以前に購入した、たった一冊の日本語書籍がクラウドにあるはずと思って「クラウド」をクリックするも、何も出てこない。ネット上で聞いた話では、すでに購入した本はアメリカにいてもダウンロードできるということだったのに、なぜ?もしかしてわたしの日本アマゾンアカウントからも消えてるんだろうかと思ってPCから日本アマゾンアカウントにログイン。こちらにはちゃんと存在している。しかしよく見ると、在住国が「アメリカ」になっていたのだった。キンドルを立ち上げたときに、「このキンドルはアメリカにいるぞ」と認識されたのだろうか?もしかするとアメリカにいるキンドルからは版権ものは見えない設定になっているのか。

で、PCの方から日本アマゾンアカウント、キンドルともども、在住国を「日本」にして、住所も日本の住所に。(前も日本の住所にしてたはずなのだけど、いつの間にか消えていた。)クレジットカードも日本発行のカードがいいという話も聞いたけれど、これは持ってないのでアメリカのカードで登録。この状態で日本語キンドル書籍を無事にPCから購入、送り先をキンドルにしたら、ちゃんと読むことができました。

以下はツイッターでいただいた経験談。

  • (物理的にアメリカに存在する)キンドル端末から購入すると、「海外に引っ越されましたか?」に引っかかる可能性が高い。PCから買う方が安全。アメリカ発行のクレジットカードでOK。
  • 日本発行のクレジットカードだと、キンドル端末から買っても問題ない可能性が高い。
  • アカウントのクレジットカード情報を書き換えると(実際に使わないカードでもいい)、情報がいったんリセットされて買えるようになる可能性がある。http://mixed.txt-nifty.com/tsubutsubu/2013/01/kindle-bb1e.html
  • 日本に物理的に存在するPCをアメリカから操作して購入。(親の家のコンピュータにリモートアクセスを設定する、ということですね。)

法律違反を防ぐために、アマゾンの方もいろいろ取り締まるようだけど、アメリカアマゾンのいろんな対応を見るからに、「自分たちはちゃんと法律に従うように頑張っている。これ以上は取り締まれない。」と適当なところで線を引いて、それ以上は放置(黙認)されているように思う。アマゾン自身、(一部の州を除いて)sales taxを徴収しない理由を「自治体ごとに税率が異なるので、いちいち対応することができない」なんて見え透いたことをヌケヌケと言ってるくらいだから。なので、海外から日本のキンドル本を買う方法も、ある程度のところで取り締まりが固定し、ちょっと不便だけど何らかの抜け道が残されるんじゃないかと思っている。

(追記)

FI Planning で、やはりVPNをかませた方が安心という意見をいただきました。フリーウェアのVPN –>

Dyson DC23

今朝、注文していたDyson DC23が届いたので早速試運転。幸か不幸か、土曜日は掃除の日。うちは庶民なので、自分の家は自分で掃除するのである。

別に新しい掃除機が欲しいと思っていたわけではないのだが、「底値生活 in シリコンバレー」さんでダイソンがアマゾンで安くなっていると紹介されていたので、この機会にと思って購入。ちなみにこのブログ、Google Readerに登録してチェックしている。こういうときGoogle Readerは本当に便利。各サイトを毎日回る必要なく、一カ所で更新をチェックできるから。

(この安値は期間限定だったらしく、紹介されたときには$299.00だったのが、今日アマゾンのサイトで見たら$369.99に値上がりしていた。わたしは$299、税なし、送料無料で買ったもんね。)

(ところでアマゾン、ウィキリークスのサーバーを追い出したとかで悪名を馳せているが、わたしはウィキリークスのことなんかよりも、版権の問題で個人のキンドルの中の本を勝手に消したことの方が大問題だと思う。)

閑話休題。

これまでの掃除機はケンモア(シアーズのブランド)のこれ。

買ったのは約10年前。当時はConsumer Reportを購読していたのだが、同誌でケンモアのキャニスタータイプの掃除機が良い評価を得ていたというのが、このブランドを選んだ理由である。アメリカではキャニスタータイプよりも一体型(アップライト型)の掃除機の方が一般的だと思うが、わたしは何しろ子供の頃から掃除機といえばキャニスタータイプ、と刷り込まれているので、どうしてもキャニスタータイプが欲しかった。

その上この掃除機は、日本の掃除機と同じように、ホーズの手元にスイッチがある(下の写真参照)上に、コードも巻き取り式。なかなか使い勝手が良かった。ただ、いかんせん、重いのと吸引力がまあまあなのが難。

さて、期待の星ダイソンは、というと–

一体型も同じ値段で出ていたのだが、わたしの偏見で当然キャニスタータイプを購入。なんか(Star Warsの)R2D2のミニチュア版にホーズを付けたみたいな格好だ。

ヘッドはケンモアよりも小さい。(左がダイソン、右がケンモア)

スイッチは本体にしかない。赤いのがオンオフスイッチ、白いのはコードの巻き取りスイッチ。足で押せるからいちいち屈む必要はないが、オンオフとコードの巻き取りスイッチが並んでるというのはあまり賢いデザインとは思えない。

こんなデザインをするのはアメリカ人かと思ったら、ダイソンというのはイギリスの会社なのですね。最初にブレイクしたのはハイテクの国日本だったそうな。

あと写真ではわからないけれど、ケンモアの手元スイッチはオフ、ヘッドなし本体オン、ヘッドオン本体オンの三段階切り替えだった。ダイソンはヘッドのオンオフはヘッド横のロックを手で押したり引いたりしなくてはならない。(念のため、ご自分で掃除なさらない方のために付け加えておくと、カーペットのときはヘッドをオン、固い床のときはオフにする。)ヘッドの着脱も、ケンモアはクイックリリースで足でレバーを踏んでやればヘッドがはずれるようになっていたが、ダイソンは手でレバーを操作しなければならない。ヘッドは地面に近いところにあるから、この着脱は足でできる方が理に適っている。そういう「使い勝手」という点では断然ケンモアの勝ち。(ケンモアの使い勝手はもしかしてどこか日本の家電メーカーとのタイアップ製品なのかと思うくらい、日本の掃除機に似てた。)

しかし吸引力はさすがである。カーペットの吸引力の強さ(「初めてダイソンを使うと、一回でゴミが満タンになる」)は話には聞いていたが、うちはハードウッドフロアに所々カーペットがあるだけなので、固い床での吸い込みの良さに感動した。これってひとつにはヘッドと床の接触具合がいいんだろうな。ケンモアだと固い床の上ではゴミを押すだけであまり吸わなかったから、いちいちヘッドを外してホーズで一つ一つゴミを拾うようにして吸い込む必要があった。(かくしてヘッドのクイックリリースが大いに効力を発した。)

ゴミバッグが要らない、というのもダイソンの大きな売りの一つであるらしいが、実はわたしは子供の頃からゴミバッグに憧れていたので(当時の日本のうちの掃除機にはゴミバッグがなかったので、ゴミの処理はすごくmessyだった)、これはあまり魅力ではない。でも、ゴミバッグを切らす心配がない、という点では評価しよう。

ということで、初日の感想は「この値段なら買っても損はない」。(「大損」とか揶揄されるそうですね。)ところで上級機種になると何が違うんだろう?(わたしの憧れの手元スイッチとかあるんだろうか?)