日本語書籍をキンドルで読む

日本アマゾンが日本語キンドル書籍の販売を始めて1年あまり。「これで海外からも日本語書籍を入手しやすくなる」と海外勢が喜んだのもつかの間、版権の問題で海外から購入できるキンドル書籍の種類は非常に限定されている。アメリカアマゾンから購入できる日本語書籍を検索したら、トップに出てくるのはエロ本ばかり。これ、アマゾンの問題なのか、日本の出版業界の問題なのか知らないけれど、ちょっと問題じゃない?(子供に日本語書籍を買ってやろうとアメリカアマゾンを検索して、子供の目の前でこんなの出てきたら、どうします?)

さて、この版権問題を突破して日本アマゾンから購入するための「攻略法」がネット上に公開されている。まずはこの手の問題のバイブルとも言うべきこのサイト

海外からKindle日本の本を購入して、読む方法
(続)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編
(続々)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編(追加)

何が問題になるかというと、日本アマゾンにアカウントを開き、日本に住んでいるふりをしてキンドル書籍を購入すると、5冊ほど買ったところで「最近、海外に引っ越されましたか?」というメッセージが出てそれ以上買えなくなる事例があるらしいということ。最初の5冊が問題なく買えるのは、日本在住者が海外旅行中に日本語書籍を購入する可能性がある、ということで許容範囲内なのだろう。

上のリンク先のサイトは非常に説明が詳しいので、そこを見ていただくのが一番なのだけど、最初のうちはこのメッセージが出た時点でVPNを使って日本のIP addressからアクセスしている振りをするか、日本の家族に頼んで自分のアカウントから買ってもらうことによって日本に帰ってきた振りをすることでこのブロックを解除できたらしい。

しかし、最近はアマゾンの方針が変わったのか、日本にいる振りをしてもブロックは解除にならないという話も聞く。そこで、まずブロックされないことが一番大事だろうと思ったので、どうすればうまく日本語書籍を買えるのか、ちょっと研究してみた。

ちなみに、わたしは以前はiPad2にキンドルアプリを入れて日本語書籍専用にしていた(と言っても買ったのは一冊だけなのだけど)が、iPadはわたしの用途には帯に短したすきに長しであまり使わないのでしばらく前に手放した。今回、やっぱり日本語用のキンドルがあった方が便利と思い、アメリカアマゾンからキンドル・ペーパーホワイトを購入。今のところ日本語書籍が読めるのは、iPhone、iPadのキンドルアプリか、キンドル・ペーパーホワイト。日本で売られているキンドル・ペーパーホワイトの方がアメリカで売られているものより容量が大きく値段も安い(為替レートにもよるけれど)らしいけど、アメリカ版でも日本語対応している。

以下は今回のセットアップの備忘録。

まず、キンドルが届いたら、使用言語を「日本語」に指定して立ち上げ。しばらくゴチャゴチャやっていたら、ユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入れる画面が登場、日本アマゾン専用にしているアドレスを入れはじめたら、全部入れないうちに勝手に次に進んだので、あれっと思ったら、日本語表示のまま、勝手に普段のアメリカアマゾンアカウントに設定されてしまった。おそらく、キンドルを注文したときに「ギフト」と特定しなかったので、向こうでデフォで自分のアカウントに設定されてきたのだと思う。(これまで買ったキンドルも、確かアカウントはすでに設定された状態で来たように思う。)仕方ないので「アカウント変更」を選択して、もう一度やり直し。今度は無事に日本アマゾンのユーザー名とパスワードを入れることができた。

さて、ここで以前に購入した、たった一冊の日本語書籍がクラウドにあるはずと思って「クラウド」をクリックするも、何も出てこない。ネット上で聞いた話では、すでに購入した本はアメリカにいてもダウンロードできるということだったのに、なぜ?もしかしてわたしの日本アマゾンアカウントからも消えてるんだろうかと思ってPCから日本アマゾンアカウントにログイン。こちらにはちゃんと存在している。しかしよく見ると、在住国が「アメリカ」になっていたのだった。キンドルを立ち上げたときに、「このキンドルはアメリカにいるぞ」と認識されたのだろうか?もしかするとアメリカにいるキンドルからは版権ものは見えない設定になっているのか。

で、PCの方から日本アマゾンアカウント、キンドルともども、在住国を「日本」にして、住所も日本の住所に。(前も日本の住所にしてたはずなのだけど、いつの間にか消えていた。)クレジットカードも日本発行のカードがいいという話も聞いたけれど、これは持ってないのでアメリカのカードで登録。この状態で日本語キンドル書籍を無事にPCから購入、送り先をキンドルにしたら、ちゃんと読むことができました。

以下はツイッターでいただいた経験談。

  • (物理的にアメリカに存在する)キンドル端末から購入すると、「海外に引っ越されましたか?」に引っかかる可能性が高い。PCから買う方が安全。アメリカ発行のクレジットカードでOK。
  • 日本発行のクレジットカードだと、キンドル端末から買っても問題ない可能性が高い。
  • アカウントのクレジットカード情報を書き換えると(実際に使わないカードでもいい)、情報がいったんリセットされて買えるようになる可能性がある。http://mixed.txt-nifty.com/tsubutsubu/2013/01/kindle-bb1e.html
  • 日本に物理的に存在するPCをアメリカから操作して購入。(親の家のコンピュータにリモートアクセスを設定する、ということですね。)

法律違反を防ぐために、アマゾンの方もいろいろ取り締まるようだけど、アメリカアマゾンのいろんな対応を見るからに、「自分たちはちゃんと法律に従うように頑張っている。これ以上は取り締まれない。」と適当なところで線を引いて、それ以上は放置(黙認)されているように思う。アマゾン自身、(一部の州を除いて)sales taxを徴収しない理由を「自治体ごとに税率が異なるので、いちいち対応することができない」なんて見え透いたことをヌケヌケと言ってるくらいだから。なので、海外から日本のキンドル本を買う方法も、ある程度のところで取り締まりが固定し、ちょっと不便だけど何らかの抜け道が残されるんじゃないかと思っている。

(追記)

FI Planning で、やはりVPNをかませた方が安心という意見をいただきました。フリーウェアのVPN –>

Captcha

最近、スパムコメントが続いているので、コメント欄にCaptchaを導入してみました。半角数字で答えを入力してください。それにしても、スパムみたいなくだらないことに労力使うくらいだったら、もっと建設的な方向にその能力を使えばいいのにね。

ハッカー被害

実はこのブログ以外にもいくつか管理しているサイトがあるのだけど、ハッカーにやられた!!!このブログも同じサーバー上にあるのにどうしてこれは無事で、他のがやられたのだろうといろいろ考えてみたのだけど、このサイトも含めて全部Wordpressで動かしているので、Wordpressをインストールするのに使った自動インストールスクリプトが狙われたのかもしれないと思う。(このブログを設置するときには、自動インストールスクリプトは使わなかった。)他のサイトは頼まれて作ったものなので、依頼主にアクセスを与えたことも関係あるかもしれない。

どうやら被害を受けているのは「見た目」の部分だけで、実際のコンテンツのあるデータベースは無事のようなので、インストールし直してデータベースと再リンクすれば大丈夫のはず。でも、こういうのはやり始めるとあっという間に2時間、3時間たってしまうので、時間のあるときまでおあずけ。とりあえず被害が拡大しないよう、当該サイトはバックアップを取って内容撤去。

やれやれ。

iPad2体験記

ほんの2年前までは、携帯は買って10年近くになろうかという時代物、「そんな古い機種、充電できなくなるでしょ?」と言われても、そもそも電話自体ほとんど使わないので関係ない、という状態だったのだが、この2年ほどの間に電話はiPhoneに買い替え、読書はKindle、家のコンピュータはMacBook Air、なぜかiPad2も持ってるという、アメリカ経済に貢献する消費者の鑑(?)に変身してしまった。

日本ではiPadが出たときに「電子書籍リーダー」として紹介されたようだけど、わたし個人の感想としてはiPadは重すぎて手軽に本を読むには向いていない。自分の用途として何に一番近いかといえば、この手のビジネス用ポートフォリオケース

ノートパッドにペン、資料などをまとめて持ち運べて、物によっては電卓を収納するコンパートメントもあったり、というオフィス文房具である。

最近は論文の類はすっかり印刷しなくなった。こちらがコンピューターの画面上で読むのに慣れたのと、学術系出版社のサイトデザインが向上して画面上で読みやすくなったこととが相まって、論文は印刷しないだけでなく、基本的にはローカルのハードドライブに保存することも止めてしまった。(論文やグラントに引用文献一覧を作成する必要上、論文のデータはデータベースに保存している。)しかし、その場で読めない論文、ちょっと詳しく読みたい論文などは、DropboxにPDFをダウンロードして、iPadから開いた時間(ミーティングの待ち時間とか)に読むようにしている。昔なら印刷して、メモ帳といっしょに持ち歩いていたのと同じ感覚である。iPadの良い点は、画面のスクロール、ズームイン・ズームアウトがスムーズなこと。Kindleを買った当初、KindleでPDFが読めると聞いて試したことがあるが、iPadに比べると、全くお話にならない。新しいKindle Fireは試したことがないが、タッチスクリーンの操作性は”You get what you pay”だと聞く。

それから、もう一つ愛用しているのがメモ取り機能。周囲のiPad userを見ると、最初から付随のNotesというアプリケーションを使って、オンスクリーンキーボードでポチポチやってる人が多いが、わたしはとにかく縦長ディスプレイに拘りがあるので、縦長にするとキーボードが狭くて操作性が悪い。しばらくはブルートゥースのキーボードを持ち歩いてみたが、それだとMacBook Airを持ち歩くのとあまり変わらない。(MBAは縦長では使えないけど。)しばらく試行錯誤した末、現在一番満足しているのが、Notes Plusというアプリケーションである。最新版はキーボード入力のみならず、手書き入力を変換する機能もついており、なかなか精度よく変換してくれる。(手書きの問題点は、全体をグラフィックとして保存するので、iPadのような非力なマシンだと、ページめくりが遅いのである。テキスト(アルファベット)にするとファイルサイズが縮小し、ページめくりのモタつき感がない。)もう一つ、無料のNotesにはできない機能としては、フリーハンドで描いた絵を入れられること。セミナーのメモを取るには、非常に重要である。

ということで、自分にとってiPadは基本的にはglorified notebookなのだが、セミナーの最中に「あれ、この遺伝子、どっかで聞いたことがあるけど、何だったっけ?」とか、「これをノックアウトしたらどうなるんだろう?」とかいう、あまり本筋とは関係がない疑問をその場でPubMedにアクセスして解決できるメリットも大きい。ちなみに自分の場合はほとんど大学の中でしか使わないので、安いWi-Fiオンリーバージョンである。どうしても外でインターネット使いたい場合は、iPhoneから3G使えばいいし。

わたしにとっては、「テクノロジー」を実感したのはiPhoneを買ったときだった。買う前に他の人のiPhoneを触らせてもらったことがあったから、どんなことができるのかは知っていたけれど、やっぱり実際に使ってみるとその「簡単さ」は感動的。それまでの携帯は、電話番号を登録するにも、一度は取り扱い説明書を見てみないと使い方が分からなかったが、(わたしの持ってた携帯に至っては、9個までしか電話番号を登録できないというすごい代物だったし)iPhoneはそんなことは全くなし。(Kindleも最初は取り扱い説明書を見ないと、どうやって操作していいのか分からない類のマシンである。)だからiPadを手にしたとき、操作の簡単さには目新しさはなかったのだが、「iPhoneの画面が大きくなったら、あんなこともこんなことも出来るだろうな」というのを実際に体現してみせた、という感じかな。

(しかし、冬休みが明けて一ヶ月ぶりくらいにお目にかかったわたしのオルガンの先生までiPhoneを持ってられたのにはびっくり。まあ、学生相手の仕事してると、最近はメールとテキストは必須かもしれないけど。)

空港にて

今週は研究会のためにDCに出かけのだが、悪天候のために帰りの飛行機が大幅に遅れ、なんと空港で8時間過ごすはめに。研究会が終わったのは昼前だったのだが、帰りの飛行機は午後6時。一日一本の直行便なので、それしか選択肢がなかったのである。天気が良ければ美術館にでも行こうかと思っていたのだが、連日生憎の雨、雨、雨。メトロで雨に濡れずに行けるところといえば、空港しか思いつかなかったので、結局、研究会終了後、空港に直行。そこから苦行が始まった。

しかし、空港でぼんやりと座って、いろいろ人の行動を観察してひとつ気がついたのだが、「本」(紙でできた実物)を読んでいる人が、いかに少なくなったことか!その一方、キンドル(ないし類似の所謂Eブックリーダー)やタブレット型端末(iPadなど)をいじっている人はすごく多かった。夏休みも終わった時期のウイークデイの都会の空港なので、バケーションよりはビジネス客の比率が高く、電子端末のearly adopterを多く含む集団であろうことを差し引いても、ここまでこれらの電子機器が広く浸透しているという実感を受けたのは初めての経験である。

そういえば、「ロゼッタストーン」という最近流行りの語学教材の店が空港内にあったのだが、その日本語バージョンを聞いてちょっと絶句。(明らかに日本語ネイティブなのだが、なんとなく発音が不自然。)フランス語バージョンなども、フランス語ネイティブが聞けば、あんな感じなのか?

しかし、オマハ行きの飛行機に乗る客は少ないから、扱いが軽いのは仕方ないのかもしれないが、それにしても出発時刻が変更になっても何のアナウンスもなく、挙げ句の果てに黙って出発ゲートまで勝手に変更するとは言語道断!一日一本しかない直行便だから、これに乗り損ねたら家に帰れないというのに。電光掲示板の前に貼り付いているのもバカらしいので、結局、10分毎、20分毎に航空会社のサイトで確認する羽目に。こういうときに、ゲートのあちこちに充電ステーションがあるのはありがたい。(提供はサムソン。普通の電気のコンセントが並んでるだけなので、別にサムソンの端末でなくても、充電器さえ持っていれば充電できる。広告としては賢いやり方だと思う。)

Magic Piano

iPadが初めて出たとき、ピアニストのランランがコンサートのアンコールにiPad版Magic Pianoでアンコールを弾いて話題になったが、それのiPhone版(無料!)を見つけたのでダウンロード。

ランランのアンコール

iPhoneの画面では鍵盤が小さいので、自由演奏にはやや制限があるが、雨だれのように音符が降ってくるインターフェースがなかなか面白い。いまのところ無料でダウンロードできる曲しか試していないが、暇つぶし(空港の待ち時間とか)ならこれの方がゲームよりよっぽど面白いのではないかと思う。

このSmuleという会社、他にもいろんな楽器系アプリを出している。大評判になったオカリナアプリもここの製品。

先週号のエコノミストの表紙

先週号(7月9日ー15日号)のエコノミストは「ニュースメディアの将来」という特集を組んでいたが、18世紀のカフェが活発な情報交換の場であったことを踏まえて、それをもじった表紙がちょっと面白かったので紹介。

(画像をクリックすると大きくなります。)

残念ながらネット版の表紙絵はこれ以上大きなものが見つからず、拡大しても解像度があまり良くないので細かいジョークは読みにくいかも。全体に共通するツボは、エセ18世紀風の綴り、言葉遣いで、現代のメディアトレンドをおちょくっているという部分。

1. ケーブルテレビのニュース専門局のように見えるが、アンカーの女性は髪粉をふった鬘をつけ、18世紀風のドレスを着ている。画面下のテロップは”NEWS BREAKETH”(CNNなどではよく”Breaking News”(緊急特報)というテロップが出る)。Breakethという、わざと古い活用を使っている。テレビが流れているものの、誰も画面の方を向いていないというのも、重要な点かもしれない。

2. “PITT the YOUNGER on TUMBLR” 「小ピット、Tumblrに」。小ピットは18世紀後半のイギリスの政治家。最近はブログのプラットフォームとしては、bloggerよりもtumblrの方がかっこいいと思われてるのか?

3. “GRATIS WYE-FYE” gratisは「無償」の意。「無料Wi-Fi」。Wye-Fyeという綴りもなんとなく18世紀的。

4. “MARIE ANTOINETTE’S BLOG ~ NEW CAKE RECIPE” 「マリー・アントワネットのブログ – 新しいケーキのレシピ」。これは説明の必要はないでしょう。アントワネットはtumblrじゃないのね。

5. “Will thou be my Visagebook friend?” 「貴公は拙者の顔本友達になってくださるかな?」Visageとは顔のこと。もちろんFacebookのもじり。

6. “I saw her on ThouTube” 「彼女は ThouTube で見たよ。」ThouはYouのことなので、YouTube。

7. “Is this the South Sea Bubble 2.0?” 「これは南海バブルの二の舞か?」最近のネット関連企業の人気は、ドットコムバブルの二の舞かと言われていることを踏まえて。南海バブルは18世紀の経済バブル。

8. “I hear Tom Paine’s all a-twitter” 「トム・ペインが大人気らしい。」a-twitterは文字通りに訳すと「ツイッターで話題になっている」だが、「話題になる」に相当する普通の単語はabuzz。Googleのソーシャルネットワークの試みの一つにGoogle Buzzというのがあり、あまり成功しなかったので、それも引っ掛けたものだろう。トム・ペイン(トマス・ペイン)は18世紀のイギリス/アメリカの思想家、独立の父の一人。

9. ラップトップ。シルバーっぽいボディはマックか?

10. こちらは紛うことなくiPad。林檎のロゴがはっきり見える。

11. “WIKYE-LEAKES LATEST: Josephine Bonaparte’s emails” 「ウィキリークス最新情報:ジョゼフィーヌ・ボナパルトのEメール」。

12. “TEA PARTY GAZETTE BACHMANN DOTH ROCK” 「ティーパーティー新聞、バックマン最高!」バックマンは最近サラ・ペイリンよりも一部で人気を集めている保守派の女性政治家。Tea Partyといえば、元来はアメリカ独立戦争時の事件の一つであるBoston Tea Partyを意味し、これも18世紀後半の事件なので、この絵の時代と合致する。

13. マウス。Windowsマシン風の2つボタンマウスが床に転がっているのは、最近のタッチスクリーンの隆盛とも関係があるのかもしれない。

iPad2!

最近、学生とディスカッションしたり、ペーパーを読んだりするのに、紙よりもやっぱりコンピューターがいいなあと思うことしきり。なにしろ紙だと、後で検索できないのが何よりも辛い。Kindleを買ったときに、これでペーパー(PDF版)を読めないか試してみたけれど、白黒であることと、画面がスムースにスクロールしないことがネックになって、Kindleは諦めた。そうなると、

やっぱりiPad?

ということで、別に音楽聞くわけでなし、フェイスタイムがしたいわけでなし、写真を撮るわけでもないのだけど、数週間ほどチラチラとApple StoreでiPadを眺めていた。最初は旧型iPadのrefurbishしたのを買うつもりだったのだが、偶然AMEXのアカウントにログインしたら、「ポイントでiPad2が買えます。」という殺し文句に遭遇。わざわざ年会費まで払って維持してるアカウントなのだから利用しない手はない、ということで、無駄に貯めたAMEXのポイントでiPad2の一番ちっちゃいやつを注文してしまった。(この前AMEXのポイント使ったのは、今通勤用に乗ってる自転車買ったとき。物を買う方が、飛行機のチケットに使うよりずっと得だと思う。)

で、今、これ、人気商品なのね。何しろ「お届けは2〜3週間後」。毎日、まだかな〜、まだかな〜と思っていたら、先週になって「あなたの注文された品物が発送されました。」のメールが。かくして毎日、UPSのトラッキングとにらめっこする日々が始まった。

工場を出発して、そこからEPZ (export processing zone) って所に行ったのだが、本当に飛行機に乗ったのはそれから3、4日後のこと。その間、何してたんだ?それもすんなり直行でアメリカに来るのかと思ったら、香港経由でアンカレッジへ。アンカレッジって昔は日本からヨーロッパと行き来する飛行機の中継地でにぎわってたけど、今は直行便だから、アンカレッジに行ったことのある日本人は減ってるんだろうな。(今でもあるのか、白壁整形外科の広告?)しかし東アジアからの飛行機貨物のアメリカへの入り口としては今でも重要な地点なのだろう。アラスカの次はケンタッキーに飛んだことになっているが、何しろ何度も到着/出発を繰り返しているようなので、その間、さらに中継地点を経由しているのかどうかはよくわからない。まあ、何はともあれ、今朝無事に家に配達されたのはまことに目出度い。

で、家に帰ってきて早速セットアップに取りかかったのだが、最初オンにしたとき何故かWiFiがつながらず、ちょっと焦った。3GのないWiFiオンリーモデルを注文したから、WiFiがつながらなければただのアルミとガラスの固まり。不良品なのか、WiFi routerとの相性が悪いのか、とrouterの調子を見に行ったら、なぜかrouterの側に来るとWiFiを感知できるようになった。いったんWiFiを感知できるようになったら、その後は家中どこでも快調。最初の不調は何だったのか?(時差ボケ?)

最初からこれは論文とノート取りのマシンのつもりなので、オフィスの母艦MacBook Proとのやり取り用にDropboxを入れ、App StoreでiAnnotateとNotes Plusを購入。わたしにとっては有料アプリを買うのは一大事なので、これで自分の仕事にかける意気込みのほどが知れるだろう(何のこっちゃ。)

しかし考えてみたら、この一年ほどの間に上はオフィスのコンピューターから下は電話まで全部、アップルの回し者になってしまったような気もしないでもない。

家からデポジットしたチェックが。。。

家からデポジットすると、一回につき50セントの手数料を取られることに気づきました。銀行の駐車場で車ぶつけること考えたら、お得ですけどね。個人のアカウントなので、手数料は税金の控除対象にもならない模様。銀行の窓口でデポジットするという一番(銀行にとって)不経済な方法なら手数料なしで、コンピューターを使うという人件費の最もかからない方法が有料というのが解せませんね。(銀行によっては、ATMでなく窓口でデポジットすると手数料を取るところもあるようですが。)そのうち、口座の種類(主に残高の多寡で決まる)によっては、月に何件まではデポジット無料というのが出てくることを願います。そのために多めに残高置いてあるんだから。お客様アンケートが来たら、絶対そう答えてやろう。ちなみに現在、多めに残高置いてあるのは、全国どこのATMでキャッシュを出しても手数料なし、という特典を保持するためなのです。