今年のTurboTax

今年はself-employment用というオンラインバージョンを使いました。Fidelityの20ドル割引リンク経由で、3月初頭時点で70ドル。これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれでしょうが、20年前にW-2とモーゲージだけの単純リターンをtax preparer (CPAではない)にやってもらった時代でも100ドル以上かかりましたから、べらぼうに高い値段ではないと思います。

例年通り、FederalだけTurboTaxからe-fileして、Stateは州の公式サイトから無料ファイルしましたが、今年はなんと、Federalしか払わなくてもStateの書類も一緒にプリントアウトできました。これは今年の仕様なのかバグなのかはわかりません。いくつかの数字を再入力する手間を省くためだけに30~40ドルも払わない人が多いのでしょうね。もしかすると、TurboTaxもStateを売り込むのは諦めてる?手間を考えれば、CAやNYといったユーザーの多い州以外は旨味が少ないでしょうね。(しかしFederalが終わると自動的にStateに送り込まれる流れなので、意識してReview、Fileに移動する必要があります。)

あと、Mintのインテグレーションが強化されているように感じました。去年まではMintとTurboTaxは違うパスワードだったのに、今年は統一されています。(ユーザーのメールアドレスで管理している模様。)わたしはMintのデータはオフラインで見直して経費計算してるので、あまり恩恵は感じませんが。

ARM

遅まきながら税金やるために机の上に積み上げた一年分の書類を整理してたら、 ARM (Adjustable Rate Mortgage) のレート変更のお知らせがいくつか出てきた。元々のローンの契約で、レート変更の前には「現状では新しいレートはこうなります」というお知らせをしないといけないことになっているらしい。実際には新しいレートが有効になる時点での LIBOR を元に算出されるので、このお知らせの中の数字は、投資記事の「利上げはあるのか、あるならいつだ?」という予想記事程度の信憑性しかない。しかし、現在よりも大きな数字を見せられると、やっぱりちょっとビビりますよね。そこに追い打ちをかけるように「今リファイナンスすれば、あなただけ特別に◯◯%!」とかいうお誘いが来るというシナリオ。

前にも書いたように ARM の最初5年のレートは 2.75%。2016年11月から変動金利。

4月に来たお手紙では新しい利率(推定)は3.75%。これを放置していたら9月には4%というもっと恐ろしげな数値に。実際にはローン・モディフィケーションで一ヶ月分に相当する手数料のみで2.875%を勝ち取ったのですが。

ローン・モディフィケーションの利率も結構変動するようなので、今回はなんともラッキーでした。