Rate Renew

うちの住宅ローンがCapitalOne 360の5/1 ARM (最初の5年は固定金利、その後、毎年金利が変わる)なのは何度か触れましたが、もうすぐ固定期間が終わるのを放置していたら、オンライン口座にネット上でRate Renew というオプションが登場しました。ローンの支払いは銀行口座から自動振込で、滅多にこのページを開けることがないので、いつからこのオプションが出ていたのかわかりませんが、郵便では「固定期間が終わります、新しいレートは4%です、リファイナンスのご相談はこちらに電話してください」というものしか来たことがありません。リファイナンスの手数料が結構高いので、それを払うくらいならペイオフしてしまっても、と思ってた矢先のことでした。(中西部の不動産価格はそんなものなのです。)

このページの説明によると、トータルのローン期間を伸ばすことなく500ドル弱の手数料のみで新しく5年の固定期間を設定できるとのこと。新しいレートは2.875%。今のローンそのままだと次の1年は4%になるので、それよりはずっとお得ですね。扱いとしては現行のローンのloan modificationになるようです。リファイナンスよりずっと安いです。

screen-shot-2016-09-28-at-11-30-15-am

当該ページのスクリーンショットを見ても、maturity dateは変わっていませんね。

銀行側としても、クレジットスコアは高いし、これまで5年間、一回も支払い遅れたことないし、CapitalOne内の他の口座の情報を共有するのかどうかは知りませんが(しないはずはないと思いますが)他の口座にも貯蓄があるし、そもそも指標金利が低いままなので、固定金利期間終了が目前に迫っているのにリファイナンスの相談がないということは、他所でリファイナンスを考慮している可能性がある、それならお客を逃すよりは安い金利でも続けてもらいたいのでしょうね。

ということで、さっそく申し込みました。果たして本当に500ドル弱で済むのか?Hidden costはないのか?初めての経験なのでちょっとワクワクドキドキします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.