さようなら、Gigi

先週の木曜日、Gigiが亡くなった。うちに来たのが2009年の秋だから、7年弱のお付き合い。生年月日不詳でレスキューサイトの情報では当時2歳くらいということだったが、獣医さんの見立てでは5歳くらいではないかということだった。

来たばかりの頃

Gigi

この窓際に座ってたのは来てすぐの頃だけで、その後の定位置は同居人のデスクの側の椅子、通称「オフィス」

IMG_0860

同居人が大好きで、留守の間はこうやって椅子の背から外を眺めて同居人の帰宅を待つことが多かった。

一年くらい前からあまり椅子の背に登らなくなり、最後に登ってるのを見たのは去年の11月。

IMG_0989

時々消化不良(?)で夜中に起きだして外で草を食べたがるのを除いてはこれといった病気もせず、手間のかからない子だった。

昨秋に頭のてっぺんに腫瘍があるのを見つけ、今年に入って目立って大きくなってきたので3月はじめに獣医さんのところで切除。マージンもはっきりしていたので悪性の可能性はまずないだろうと思っていたが、いちおう組織でも良性とのことだった。

調子が悪くなりはじめたのはその一ヶ月後くらいからか。4月末には灰白色の血便が出たので消化管疾患を疑ったが、不思議と食欲は普通通り。様子を見ているうちに症状は消えた。この様子ならもうちょっと長生きしてくれるかなと思っていたのだが、考えてみれば尻尾もほとんど振らなくなったし、大好きだったドライブの車の登り降りが大変で、あまり積極的に出かけたがらなくなった。「オフィス」も椅子の座部に上がるのが困難になった。5月には裏のパティオに出るドアを開けておいても、ペットドアを通るのが面倒らしく、適当に思いついたところでトイレをするように。(本犬なりに自分のテリトリーを汚さないようにする努力はしていたようであるが。)階段を登るのはまあまあ大丈夫でも、下りるのが危なっかしいので、毎朝ベッドから抱えて外に連れ出し、用を足させる必要があった。運動しないのに食べる方は健在だったから抱えるとずっしり重く、こちらまで階段を踏み外しそうになったことも。ネットで見ると、亡くなるまで何年も介護したという話もあり、うへ〜、これが年単位で続くのか〜と思っていたら、水曜日(6月8日)の午後あたりからひどく不穏に。

その日も朝ごはんは普通に食べたのだが、わたしの不在中に嘔吐したらしい。それまで一日中ほとんど動かずにベッドで寝てばかりだったのが、この日はウロウロと家中を歩きまわり、ペットドアを通って出入りもした模様。夜になっても不穏はひどくなるばかりで、抱いてやっても何かに怯えるかのごとく家具の隙間に入り込もうとする。思い返してみれば、独立記念日の花火のときの行動にそっくりだった。花火の音に怯えて逃げようとして家具の隙間に入り込もうとするのだが、どうやっても逃げられず、不安でハアハアと舌を出して過ごすのが恒例だった。ある年(三年前?)には花火の中、外に出た隙に脱走して、大通りの近くで親切なおじさんに保護されたこともあった。

とにかくこれでは人間の方も寝られないので、キッチンの床から危険そうなものを全部取り除き、普段は開け放しのキッチンのドアを閉めて閉じ込めたのだが、キッチンを徘徊しているうちに角にぶつかって前進できなくなると悲壮極まりない声で泣くのでこちらも目が覚める。好きなだけ徘徊させれば疲れて寝るだろうとおもいきや、疲れるとその場でバタンとクラッシュしてイビキをかきはじめるのだが、長く続かず、すぐに目が覚めて徘徊を再開する。こんなに歩き回れば喉が渇くだろうと水をやると、狂ったように水を飲み始め、そしてすぐに嘔吐。角がなければぶつかる心配もないということで同居人が空のバスタブの中で徘徊させようとしたのだが、どうも本犬のサイズに対してバスタブが小さすぎるためか、うまくいかず。犬も人間も眠れぬ一夜を過ごした直後の姿がこちら。

IMG_1172

パティオから庭に下りようとして階段を転げ落ち、パティオの柵から身を乗り出して飛び降りようとするので、決して外に出さないように同居人に厳命して仕事に行ったのだが、昼過ぎに「Gigiが死にそうだ」と電話がかかってきた。しばらくしてもう一度電話。「死んだよ。」

今年初の熱波の中、同居人に迎えに来てもらって家に着いてみれば、ようやく徘徊を止めたGigiはまだ暖かかった。

夕方、少し気温が下がるのを待って埋葬。

IMG_1182

こうして見ると、等身大のぬいぐるみみたいだね。

IMG_1189

お墓には前日の食べ残しのご飯と、以前歯を磨いているときに抜けた歯と、あちらでお小遣いが必要かもしれないのでコインをいくばくか、入れてやった。

IMG_1193

さようなら、Gigi。 We miss you.

IMG_1200

 

 

 

 

 

2 thoughts on “さようなら、Gigi

  • June 14, 2016 at 1:41 am
    Permalink

    可愛くて、ずっしり重くて、我が道を行くっていう感じの犬だったね。
    思い返してみたら、色々なサインがあったようで…
    天国に行くのに、お金ももたせてあげたなんて、良い飼い主さんです!

    Reply
    • June 14, 2016 at 3:19 pm
      Permalink

      何かオモチャも入れてあげたかったのだけど、全然オモチャで遊ばない犬だったから。退屈すると自分の前足をペロペロするのが楽しみだったようです。硬直する前に前足ペロペロの姿勢にしてあげたらよかったねと話してます。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.