Southern France Organ Study Tour – 13

ツアー8日目、トゥールーズ二日目。

この日も前日同様、4つのオルガンを巡るはずだったのが、朝一番に予定されていた L’église Notre-Dame du Taur が「オルガンロフトの鍵が行方不明で、ロフトに入れません。」!

何これ?

なんでも、セキュリティのアップデートか何かでオルガンロフトの鍵を付け替えたのだが、その新しい鍵を誰も受け取っていないので(???)オルガンにアクセスできないとのこと。この週末にそこでコンサートをする予定のオルガニストも練習できず困っています、とか。司祭が日曜日のミサをすっぽかして帰ってしまったり、オルガンロフトの鍵が行方不明になったり、はたまたツアーバスの運転手はあちこちで迷子になったり、とそれに比べるとアメリカというのはなんときちんとした国なんだろう。(日本なんか、もう人間の能力の限界を越えてますね。)

ということで、最初の教会がキャンセルになったので、午後に予定されていた教会2つのうち、Church of Gesu は午前中に来てもいいということだったので、そこに向かう。実は前日の Temple du Salin のすぐ近く。

Church of Gesu は19世紀後半に建てられた教会だが、当時の懐古趣味を反映して内部はネオゴシック様式。

Church of Gesu

柱など丹念に装飾が施されている。ここにはルルドの洞窟を模したチャペルもあったのだけど、写真を撮り忘れた。

外周をぐるりと回廊が取り囲む。この回廊の一角には当地のオルガン協会の事務局も。

Church of Gesu

ここの座席は背もたれが移動して、前向き(教会用)にも後ろ向き(オルガン・コンサート用)にも座れるようになってる。賢い!

Church of Gesu

オルガンとコンソール

Church of Gesu organ Church of Gesu organ console

ここのオルガンは Cavaillé-Coll なのだが、ペダルのレンジが狭く、Dupre の Magnificat の第6曲を弾こうと思ったのだけどペダルが足りなくて断念。

午前中の予定を終えて大通りを歩いていると、マーケット (Marché des Carmes) を見つける。

肉屋の前でお行儀よく待つワンコ

Marché des Carmes

マーケットの周辺にはたくさんレストランがあり、そのうちの一つでお昼の定食を。10ユーロちょっとで肉と野菜たっぷり。この旅行中でいちばん満足したレストランだった。

2 thoughts on “Southern France Organ Study Tour – 13

  • July 17, 2014 at 12:44 am
    Permalink

    アメリカも結構いい加減?なところあると思っていたけど、ヨーロッパはそれ以上なのですね。鍵見つかったのかしら?

    Reply
    • July 23, 2014 at 11:07 am
      Permalink

      だいたい鍵を付け替えた鍵屋さんが持ってるだろうと思うのだけど、連絡取れないのかしらね〜。謎です。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.