クレジットカード番号を盗まれた(らしい)

土曜日の朝、なんの気なしにスマホでメールを見ていたら、カード会社(アメックス)から「不審なチャージがあります。アップルストア、2300ドル。この番号に電話、もしくはオンラインからアカウントにログインしてください」と。先ほどアカウントにログインしてみたら、その他にもネットフリックスだとかウォルマートだとか、なんかものすごい勢いでお買い物している様子。オヨヨと思ったら、カード会社から電話がかかってきた。

「これらのチャージはお客様のものですか?」

「違います。」

「お客様ご自身がされた一番最近のチャージは10月18日のアマゾンでしょうか?」

「そうです。それ以来、カードを使ってませんので、今日付けのチャージは全部わたしのものではありません。」

「わかりました。本日のチャージはほとんどが拒否されていますが、通っているものもありますので、お客様の方に請求が行かないように手配します。不正使用されたのはオンラインストアばかりのようです。どうやらお客様のカード番号が流出しているようなので、現在のカードを停止し、新しいカードを発行いたします。新しいカードは下4桁の数字も有効期限も変わりますので、自動チャージなさっているアカウントに対しては、カード番号の変更が必要になります。」

今の時代、どこかからクレジットカード番号が漏れて不正使用されることは誰しもが直面する可能性があると思うのだが、わたしが興味あるのはクレジットカード会社がどういうアルゴリズムを使って「正規」「不正規」を見極めているのかという点。去年、ヨーロッパに行くときに、他のカード会社は海外で使用する旨、事前に連絡がないとカードを停止すると言われたのだが、アメックスは「海外で使用されたからといってカードを停止することはありません。当社ではお客様のご利用パターンを見て、正規・不正規を判断しています」とのこと。わたしはこのカードでアップルオンラインストアでコンピュータを買ったこともあるし、ウォルマートオンラインストアにも使ったことがある。だから先例の有無で判断するのではなさそうだ。購入元のIPアドレスやら、もしかしたら閲覧履歴なんかもカード会社に行ってるんでしょうかね。アマゾンやグーグルに閲覧履歴がだだ漏れ状態なことは覚悟してるけど。「海外使用」はそのカードで買った航空券なんかとも連動するのかしらね。

ということで、新しいカードが来たら、あちこちのアカウントのカード番号を変えなくっちゃ。実はこういう心配があるので、よく使うところ以外はクレジットカード情報を保存しないオプションで買い物するように心がけている。ほんと、カード番号が流出する迷惑に比べたら、毎度カード番号を入力する手間の方がましだと思うのだけど、でもこれはこれで、入力時にカード番号をインターセプトされる心配があるのかしらね。やれやれ。

 

6 thoughts on “クレジットカード番号を盗まれた(らしい)

  • October 28, 2013 at 2:08 am
    Permalink

    いやぁ、これ、私も7月に経験しました。アメリカのカードです。私の場合、カード会社から電話などかかってきませんでしたよ。たまたま私がオンラインでステートメントを見たら、?と思うExpediaからの1000ドルほどの請求がテンポラリーに上がってたんです。私はExpediaは検索するだけで登録してません。早速電話すると、拒否されているとのこと。その場で、新しいカード発行手続きをしてもらいました。
    管理人さんと同じく、私も最後に使ったのはアマゾンだったんです。アマゾンはカードが自動的に登録されますよね。削除は買い物が済んでから出ないとできないでしょう?便利だし、そのままにしていたわけです。私の場合、もう1店、自動登録される店があるので、このどちらかから漏れたのかなと思ってますが、登録されているかどうかは関係ないでしょうかね?
    でもあれ以降、日本のアマゾンではコンビニ払いをしています。アメリカのは無理ですよね。

    Reply
    • October 28, 2013 at 9:36 am
      Permalink

      cachacaさんも経験されたのですね。アマゾン以外にも定期的にチャージするところにはクレジットカード番号を登録してますし、iTuneストアとかにも番号は紐付けになってますので、どこから漏出したのか特定するのは難しいと思います。大規模なハッキング・流出の一部なのかしら。便利な半面、新手の面倒が増えましたね。

      Reply
  • October 31, 2013 at 2:43 am
    Permalink

    カード番号が盗まれたなんて・・・ちょっとびっくりですよね。私もアマゾンとかカード番号残しているからちょっと不安になってきました・・・

    Reply
    • October 31, 2013 at 9:16 am
      Permalink

      クレジットカード万能のアメリカではよくある話なので。。。もっと怖いのは、ATMのカード読み取り装置に変な工作されてカード情報・暗証番号を吸い取られるとか、ローテクな方法としては、レストランやお店の店員が悪い連中と繋がっていて、支払いのときに手渡したカードから情報を盗むとか。まあ、今の時代、なんでもアリですわ。

      Reply
  • January 3, 2014 at 10:08 pm
    Permalink

    アメリカでクレジットカード情報流出事件が多いのは(世界の半数近く)、時代遅れの磁気テープ技術を未だに使っているから。あの手のカードは、海外では使えないところが多く(ホテルでもあり)、あのタイプのカードしか持っていないアメリカ人は、海外でどうしているのか不思議。

    Reply
    • January 4, 2014 at 11:33 am
      Permalink

      前回ヨーロッパ行ったとき(2012年)は、アメリカのクレジットカード・キャッシュカードはほとんどの場所(ホテル、ATM、売店、レストラン)で使えましたが、ガソリンスタンドのクレカ読み取り機での決済はできませんでした。(売店のレジでは使えました。)カードが使えない可能性は予想していたので、ATMを見かけるたびに現金を下ろし、できるだけ現金払いにしてましたが。クレジットカード会社も「ヨーロッパに行くので必要」と言えば、チップ入りカードを発行してくれるそうですね。試してみようかな。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.