Credit CardとGrace Period

FI PlanningでGrace Periodのことが話題になっていたので、ちょっと調べてみた。

Grace Periodとは借金の利息がつかない期間のこと。一般の住宅ローンでは支払い期日は月の1日になっていることが多いが、15日まではペナルティがつかないことが多いので、その期間がGrace Periodである。

クレジットカードに関しては、2009年の法律(Credit Card Accountability Responsibility and Disclosure Act, 略してCredi CARD Act)で、一般消費者向けカードのGrace Periodは最低21日と定められた。つまり、その月のクレジットカードステートメントが〆られた日(statement date)から支払い期限(payment due date)まで最低21日ということ。最近はオンラインで払うことが増えているから、なんで21日も必要なの?と思うかもしれないが、郵送だと〆られた日から手元に請求が届くまで何日かかかるし、ギリギリになって小切手を送ると支払い期日に届かない可能性もある。(わたしもある月、請求書が中途で紛失したのに気づかず、翌月利息がついているのを見て真っ青になったことがある。最近はオンラインなのでその心配はないが、銀行のサイトが落ちたりすることがあるので、なるべく余裕を持たせて支払い期日を指定するようにしている。)

ただしここで注意が必要なのは、利息がつかないのは期日までに全額支払った場合のみで、払い残しがあると、「購入の日に遡って」利息がつく。

こんな例が挙げられている

  • You purchase a $1,100 TV on October 22nd (10月22日に$1,100のテレビを購入した。)
  • Billing cycle closes on Nov 15th and the due date is Dec 7th. You pay $100 on Dec 3th. (ステートメントの〆は11月15日、支払い期日は12月7日に対して、12月3日に$100払った。)
  • On Dec 10th (3 days after the due date) you pay off the remaining $1,000. (12月10日、すなわち支払い期日の3日後に$1,000払った。)

この場合、期日前に払った$100分に関しては43日(10月22日の購入日から12月3日の支払い日まで)分の利息、残りの$1,000に関しては50日(購入日から12月10日まで)分の利息がかかる。支払い期日(12月7日)と全額支払った日(12月10日)の間、3日間だけ利息がつくのではない!

(元のサイトの説明はどう考えても不可解なので、わたしの判断で修正してみましたが、正しいでしょうか?)

とにかくややっこしいことを避けたければ、一括で払いきれないような買い物をするなということですよ。

増税?

とりあえず自宅はプロのアプレイザーに見てもらいました。思いっきり低い値段でアプレイザルをつけてくれたので、とりあえずその価格でカウンティに不服申し立て。オンラインで申し立てしたのだけど、それが受理されたかどうかはハガキ(!!!)が来るまでわからない。ハガキが来なかったら受理されていないという印なので、郵送または持参してください、って、どんな素晴らしいcontractorにウェブサイトをデザインさせたのやら。オンライン申請から一週間以上たってやっとハガキが届き、まずは一安心。(郵送のためにいちおう全部コピーは準備していた。)さてどうなりますことやら。

と思ってたら、地元新聞にこんな記事が。

County is poised to raise tax rate

今年は不動産評価額が横ばいで税収の上昇が見込めないため、税率を上げる算段をしていると。今でも年間固定資産税が不動産評価額の2%を越えているというのに、これ以上上がったら真剣に税率の低い土地への引越しを考えた方がいいかも?

犬騒動

Happy Fourth of July! 今日は独立記念日、アメリカ最大のお祭りの一つ。

さて、独立記念日には花火が付き物なのだけど、アメリカでは個人で花火を楽しむことが禁じられているところが多い。そもそもアメリカの花火は日本のと違って、音ばかりうるさい爆竹ばかりなので、全然風情がないのだけど。

オマハでは普段は花火・爆竹は禁止だが、独立記念日の前後一週間ほどだけ、この禁令が解かれる。そこで、この時期になると、普段の鬱憤を晴らすためか、あちこちで爆竹を鳴らす音が絶えない。(あんな風情のないもの、何が面白いんでしょうね?)

ところで、このヒト、じゃなかった、この犬は大きな音が大嫌い。家の中でも突然大きな音がしたら、飛び上がって駆け出して大騒ぎする。

Gigi
Gigi

さて昨夜、独立記念日前夜、爆竹の音がけたたましい中、用足しのために外に出したら、いつまでたっても帰ってこない。まさか遠くに行ったとも思えず、どこか茂みの中にでも隠れているのかと思って名前を呼んで探しまわってると、電話がかかってきた。

「犬、迷子になってませんか?」

「え、どちらさんですか?」

「大通りを犬が歩いてるので保護したんだけど。」

なんでもうちから3ブロックも離れた大通りを歩いてたとのこと。普段から近所をウロウロする犬だけど、行動範囲は1ブロック以内。通常はそんな遠くにはいかない。首輪につけた名札の電話番号を見て、連絡してくれたらしい。(上の写真、首輪の下に赤いタグがついてるのが見える?)

この記事によると、犬は大きな音がすると、それから逃げようとして走り回って、気がつくと迷子になっているらしい。猫は大きな音がすると、どこかに隠れてやり過ごすので、迷子にはならないそうだ。

無事に帰ってきたからよかったけど、やれやれ。それにしても首輪のタグが役に立ってよかったわ。Gigiにはマイクロチップも入れてるけど、チップは動物愛護センターか獣医さんのところでないと読めないし。