IRSから新年のご挨拶

12月に送ったIRSからのお便りの返事、ようやく「受け取りました」の手紙が来た。こちらに対しては「12月26日までに返事がなければ、こちらの言い分に不服がないものとして、追徴金を払っていただきます。」と高飛車なのに、あっちからは受け取り証明が来るのに1ヶ月かい、この立場の違い。しかもその手紙の日付が2013年1月29日と、未来の日付になってるところも不思議。

今回のお手紙は「受け取りました」だけで、60日以内に正式の返事が来るらしい。しつこく「未納分の税金は今のうちに払った方がお得ですよ。利子がかかりますからね。」と書いてある。未納分なんてないの、あんたが勝手に変な解釈して、人の税金を釣り上げようとしてるだけでしょ。

4 thoughts on “IRSから新年のご挨拶

  • January 31, 2013 at 1:44 am
    Permalink

    申し出を了承されたら、いいのにね~

    Reply
    • January 31, 2013 at 9:54 am
      Permalink

      了承されるまで戦うのみです。プンプン。

      Reply
  • February 3, 2013 at 9:44 am
    Permalink

    ご無沙汰です、以前コメントした者です。アメリカ国内でも1ヶ月もかかるんですか。それじゃ日本に来るのに2ヶ月というのも当たり前ですね~~~。  ちなみに封筒のスタンプはドイチェポストになってなかったですか(^0^) いやまさか国内便にそれはないですかね。
    ウチのように長引かないことを祈ってます。

    Reply
    • February 3, 2013 at 2:20 pm
      Permalink

      国内便なので切手ではなくてUSPSの承認印(日本でも料金別納郵便とか印刷された封筒がありますよね?それです)でした。さすがに国内便がドイチェポストで来たら怒ります(笑)。「受け取りました」の挨拶だけで一ヶ月。いくらクリスマスや正月を挟んでのこととはいえ、お役所のなさることは。。。(わたしも名目上、公務員なので、あまり大声では言いません。)

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.