保険の見直し

保険といっても健康保険ではなくて自動車と家の保険の方。オマハに引っ越してきて以来、ずっと同じ条件で保険をかけてきたが、時々は見なおした方がいいというので、保険屋のおばちゃんに家に来てもらった。(本当は、保険屋のおばちゃんが押しかけて来たという方が実情に近い。)

電話でおばちゃんとアポを取ったときに、一言「アンブレラ保険に興味がある」と言ったので、おばちゃんはそれを踏まえて見積りを持ってきた。いわく、おばちゃんの会社ではアンブレラは1ミリオンから5ミリオンまで扱っているが、ネブラスカではこれまでのところ、交通事故で1ミリオンを越える賠償判決はないとのこと。しかし、持ち家があって、定職に就いているなら、1ミリオンのアンブレラは絶対お勧めだとのことだった。(アンブレラ保険についてはFI PlanningのNobuさんのこの記事がお勧め。)ただしアンブレラに加入するためには、対人保険の上限を500Kに上げないといけないらしい。

もう一つ疑問だったのが、住宅保険。(厳密には住宅そのものではなく、その中身。)以前、別の保険会社で、コンピューターや貴金属、書画骨董の類は、別に保険をかけないと、補償金額に上限があると言われたので、その件について尋ねてみた。今回の具体的な対象物はグランドピアノ。これはおばちゃんは即答できないので、オフィスに帰って調べて連絡すると言われたのだが、その結果によると、ピアノなら別に保険を掛ける必要はないという。この手の保険は、火事で全焼することよりも、泥棒に盗まれた場合の補償を主として想定しているので、これがヴァイオリンなら泥棒が持ち逃げできるから別途に保険をかけないといけないが、グランドピアノはまず持って逃げるわけにはいかないので、住宅保険の中身としてカバーされるらしい。(こうなると、ほとんど建物の一部ですな。)この解釈が保険業界の常識なのか、この会社に特有のものかはわからない。

あと、こちらが頼みもしないのにおばちゃんが持って来たのは生命保険。(これもNobuさんの記事をご参照あれ。)それも掛け捨て保険ではなく、(掛け捨て保険は職場で入っている。)終身保険の方。「今なら利回り4%近くで保証しますよ。」と言われたけれど、それに近い数字なら、ボンドファンドで出せるし。(最近はMoney Market Fundの利回りはほとんどゼロなので、Roth IRAのキャッシュの大部分は取引手数料無料のボンドETFに入れている。これはたくさんの会社のボンドを寄せ集めたものなので、一つや2つ倒産しても影響は少ないし、MMFよりずっと利回りがいいのだが、わたしが見た範囲ではこういうやり方をお勧めしている記事は見かけない。ETFの売買は、実際にキャッシュが手に入るのに日数がかかる点以外に、何かわたしが見落としている弱点があるのかとちょっと気にはしている。)ということで、こちらはニッコリ笑ってお断り。

ということで、長年の懸案だったアンブレラを掛けましたよ。必要ないに越したことはないのだけど。

Zillowのナゾ

mint.comに「持ち家」として住所を登録すると、定期的にzillow.comで物件の推定価格を引っ張りだし、住宅ローンの残高と照らしあわせて「あなたの家のエクイティはこれだけ」「あなたの資産総額はこれだけ」という数字を出してくる。わたしもmintがしつこく「持ち家ですか?」と言ってくるものだから、住所を入れてみたのだけど、(住宅ローンの方は銀行口座情報を入れたら自動的に引っ張りだされてきた)その数字が実際にわたしが買った価格とあまりにかけ離れている。zillowから引っ張ってくる価格が気に入らなければ、自分で手動で推定価格を入力できることになっているけれど、それでも定期的にzillow先生にお伺いを立てるらしく、そのたんびに不動産の評価額が激減する。いくら住宅市場の景気が悪いといっても、ここはラスベガスやフロリダじゃあるまいし、2007年に買ったときの半分以下というのはあんまりでしょ、これってうちの界隈は、mixed neighborhoodで大小様々な家が入り混じり、その上、不動産売買の件数が多くないから、zillowも適切な価格推定をできないせいだとばかり思っていた。実際、少し前まではzillowに直接うちの住所を入れても、データが揃ってなかったし。

それが先日、ふと思いつきで久しぶりにzillowにうちの住所を入れてみてびっくり!なんと同じ住所で2軒の家が出てくるのだ!一つは地図上もたしかにうちの家の場所にあり、推定価格も、昨年ローンを借り換えたときにアプレイザーが出した値段に近いのだけど、もう一つは隣とそのさらに隣の家の境界線上に「存在」し、ベッドルームの数も広さも不明、公的記録とも合致しないという不思議な物件になっている。極端に低い評価額は、どうやらこの仮想物件の値段らしい。その記録から見るにつけ、以前に不動産屋が物件をリスティングしたときに、地図上の間違った場所に物件を位置づけてしまった模様。zillowは不動産リスティング、売買記録をマイニングして推定価格を出すのだろうから、この間違った記録もそのまま取り入れられてしまったのだろう。「こんな物件は存在しませんよ」とzillowにコメントを入れたが、一週間たっても変化はない。果たしてコメントは無事に届いたのか、データベースに変更が反映されるのに相当時間がかかるのだろうか。ひと目、人間が見れば、二軒の敷地の境界線上というありえない場所に「建って」いることは明らかなはずだけど、コンピューターはそこまで判断できない。

前の家(住宅バブルの大爆発直前に、いちおうポジティブに売り抜けた)も以前にzillowで見たら、近所の人と思しき人に結構嫌がらせ的なコメントをつけられていたし(「あの家をあの値段で売ろうなんて、厚かましいにも程がある」という類のコメント。それが最近どうなったのか、腹が立つから見に行ってない。もしかしてわたしはzillowと相性が悪いのか?)、この手の情報のフラット化というのも良し悪しである。

不幸の宝くじ?

宝くじに当たって、逆にそれがアダになって不幸な結末になったという話は実は珍しくないようだ。試しに”lottery winner horror stories”などというキーワードで検索してみると、すごい話がいろいろ出てくる。しかし、その中でもこれはやっぱり酷い部類に入るだろう。

ミシガンで1ミリオンドルの宝くじにあたった女性が、賞金を手に入れたあともフードスタンプなどの公的補助を受けていたことが判明し、ちょっとしたニュースになった。その女性が、今度は遺体で発見されたとのこと。死因はdrug overdoseらしい。

やっぱり庶民は地道にお金を貯めるのが一番ですかね。