金メダル税

いや、別にこんな名前の税金があるわけではないのですが。

始まるまで全然盛り上がってなかった(日本は知らないけど、わたしの周辺じゃ、「え、オリンピック?どこでやるの?」くらいの認識でしたよ。)ロンドン・オリンピックですが、いざ始まってみたら、大いに注目を集めていますね。なでしこガンバレ!

ところで、アメリカ選手はメダルを獲得すると、報奨金がもらえるらしい。これは国際オリンピック委員会が出すのではなく、各国のオリンピック委員会が制定しているものなので、アメリカは金メダルで2万5千ドルだけど、イギリスはゼロ。(代わりに、切手を発行してもらえるらしい。)剛気なところではシンガポールの80万ドルなどというものも。(ソースはこの記事 ー>)わたしが子供の頃はオリンピックはアマチュアの祭典なんて言ってたけれど、最近はそういうセリフは全く聞かなくなりましたね。

さて、アメリカ人は全世界、どこで得た収入でも、アメリカに税金を納めないといけないので、オリンピックの報奨金はもちろん、金メダルそのものも税金がかかるのだそうである。厳密には、例えばロンドン・オリンピックで得た金メダル及び報奨金はイギリスでの収入となり、選手はイギリスに所得税を払い、アメリカで申告するときにその分をクレジットとして差し引くことになるのだが、イギリスは国際スポーツ大会の賞金などは課税の対象外と定めているので、実質、かかるのはアメリカの税金だけになる。

「これでは選手は成功すればするほど罰せられることになる」と、オリンピックの報奨金を課税対象から外すという法案を出した議員もいるようだが、IRSはノーベル賞の賞金にも課税することで知られているので、例外規定を作るのは難しいでしょうね。ちなみに法案を出したのはフロリダの上院議員マリオ・ルビオ。ロムニーの副大統領候補とも囁かれる人で、時節柄、人気取りのためにやってる感がするのは深読みか?

わたしは税金がかかるのが嫌なので、オリンピックの金メダル、諦めておきます。

4 thoughts on “金メダル税

  • August 5, 2012 at 3:59 am
    Permalink

    なんでもかんでも課税対象にしてしまうのですね。
    金メダルとってうれしいと思うけど、忘れないように税金を払わないと・・・

    Reply
    • August 5, 2012 at 1:53 pm
      Permalink

      そうそう、それで税金を払い忘れると、週刊誌とかにまた面白可笑しく叩かれますしね。日本はオリンピック委員会からの報奨金以外に、各競技団体(体操協会とか水泳協会とか)からの報奨金が上乗せされるそうです。

      Reply
  • August 11, 2012 at 10:36 pm
    Permalink

    1)アメリカの水泳選手フェルプスは、金メダルx18個の偉業ですが、
    ノーベル賞と同じく、多額納税者ですか!ある意味で「合理的判断」なので
    IRSを尊敬します。
    2)8/12TV報道によれば、日本のオリンピック協会による報奨金予算は、
    約1億5千万円だが、8/11現在の累計総額が1.3億円なので、今回はメダル・ラッシュで、予算超過か?
    3)週刊誌によれば、女子サッカー(なでしこジャパン)は、協会の報奨金とは別に、スポンサーからの報奨金として、選手1人当たり約1千万円以上が支払われると。良かったね!

    Reply
    • August 12, 2012 at 11:28 am
      Permalink

      フェルプスは以前からもコマーシャル契約などで相当なお金をもらっているはずなので、金メダルにまつわる税金はむしろ彼の払うであろう税金全体から見れば、大した額ではないでしょうね。報奨金予算をオーバーするのは目出度いことなので、誰も文句は言えないとおもいます。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.