イタリア・南仏旅行(14)まとめその1 通信

ネットで調べると、海外旅行する人のための通信手段(電話、コンピューター)のおすすめがいろいろ見つかる。やれロックされてないiPhoneに現地のSIMカードを入れろとか、モバイルWiFiルーターがいいとか。ガジェット好きや頻繁に渡航する人にはいいのだろうけど、わたしのようにそもそも電話は滅多にかけない・かかってこない、ネットは繋がればうれしいけど、一週間くらい繋がらなくても困らない場合、そういうものに投資する気になれない。しかし携帯電話の普及とともに、公衆電話の類はどこの国でも姿を消しつつあるし、2週間も完全に音信不通になればラボの方も困る(喜ぶ?)だろうと思って、最低限の装備はして行くことにした。

電話はAT&TのiPhone(3年前に買ったもの。その前は化石のような年代物の電話だった。)なので、そのままでもアメリカ国外で使えるらしい。しかし、何のプランにも入らず、単純に国際ローミング扱いになると、電話やデータの単価がベラボウに高くなるらしい。そこで、使うか使わないかわからないけれど、電話はWorld Traveler(月$5.99の基本料金に、通話ごとのチャージがかかる)、データは$30(一番安いヤツ)の120MBパッケージを申し込んでみた。データはこの量ではせいぜいメールチェックと緊急時のグーグルマップくらい。これらのプランはAT&Tのサイトで自分のアカウントにログインすると、好きな日から開始・停止できるので便利だった。

わたしはAT&Tのサイトで見て自分で選択して申し込んだのだけど、「アメリカ国内から海外にかけるプラン」と「アメリカ国外から電話をかけるプラン」が同じページに混在しているので、よく確かめて申し込む必要があると感じた。

さて、この装備で出かけた結果は?

ホテルはイタリアではどこも無料WiFiにアクセスできたので、iPhoneのデータプランを使う必要はなかった。南仏は無料WiFiがなかったけれど、数日間ならネットなしの生活もまた楽しからずや。緊急時のメールチェック用に買ったはずのデータプランだが、南仏の風景の中では仕事のメールチェックなどする気はすっかり失せる。結局データプランで見たものと言えば、地図や天気予報。どうしてもWiFiが必要になれば、フランスのマクドナルドには無料WiFiがあると聞いていたので、それを利用するつもりだったけれど、実際は利用する機会はなかった。

電話は緊急時の連絡用にと思って申し込んだのだけど、結局使う機会ゼロ。逆に言えば緊急事態が発生しなかったという意味でもあるので、$5.99は無駄になったけれど、別に問題はない。

ひとつ心がけていたのは、本当に使いたいとき以外は、データ通信をオフにすること。メールや定期購読物などは全部、自動送信をオフにしてあるが、それでも気づかないうちに貴重なデータ枠を思いがけないアプリに使われては困るので、こまめに手動でオン・オフを繰り返した。

もちろんその反動で、デトロイトに着いたときは、すぐさまデータ通信をオンにして、意味もなくネットで遊びましたけどね。

6 thoughts on “イタリア・南仏旅行(14)まとめその1 通信

  • July 15, 2012 at 7:13 am
    Permalink

    iPhoneで海外にいる間、120MBのうち、どのくらい使っているかって分かるのでしょうか?同じプランが日本でも使えたら結構良いなぁ、と思いました(自分は今はiPhoneではないのですが・・・)

    Reply
    • July 15, 2012 at 11:30 am
      Permalink

      はい、海外で使う前に「データ使用量」をリセットしてゼロにしておけば、表示される「使用量」は海外プランでの使用量のみが反映されることになりますので、現時点でどのくらい使っているか見ることができます。iPhoneは最初からこの機能が設定されいますが、他のスマートフォン機種で同様の機能がついていないものは、サードパーティのアプリを使うことになるようです。

      Reply
  • July 15, 2012 at 7:29 pm
    Permalink

    なるほど、iPhoneだと使用量がリセットできるんですね。それだとますます便利そう。。。

    Reply
    • July 15, 2012 at 8:18 pm
      Permalink

      もうすぐ新しい機種が出るという噂なので、それを買う/古い機種が値崩れするのを待つという2つのオプションがあります(アップルの回し者(笑))。

      Reply
  • July 16, 2012 at 11:58 pm
    Permalink

    コメントしていませんが、このイタリアシリーズ、興味深く読んでいます。いつかそんな旅してみたいんですよね。一応、イタリアンアメリカンばっかりの家庭に所属しているので。
    実は私が大学院所属時代、一度、フランスに近いイタリアの市のローカル新聞に、私が載ったことがあるんです。笑
    そこの新聞記者が、ランダムにインターネットで検索したら、私の名前(その市と同じ)が出てきたと!この市にはいつか行ってやろうと思っています。(送ってくれた新聞もあり)
    その当時は、まだ日本の苗字だったのですが、今はイタリアンですからねえ。
    アメリカでも、私が電話すると、大抵の人は私がイタリアンだと思うようです。訛りが似ているせいでしょうか?

    Reply
    • July 17, 2012 at 11:11 am
      Permalink

      Cheeさん、コメントありがとうございます。

      ボストン・ロードアイランドの辺はイタリアンやアイリッシュが多いですね。中西部はドイツ系が多いといいますが、オマハはむしろ東欧系の苗字が多いように思います。(うちの同居人は東欧系なので、その類の苗字には敏感。)おかげで典型的な「なんたらスキー」とか「なんたらビッチ」だけじゃなくて、いろんな苗字を覚えました。

      ラテン系の言語と日本語は発音の相性がいいと思います。合唱でも多くのアメリカ人は語尾を単純な母音で止めることができなくて、「オ」は「オウ」、「エ」は「エイ」になってしまって、指揮者によく注意されていますが、日本人はその手の苦労はあまりないですね。日本語訛りバンザイ!

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.