遺伝学用語改定?

ツイッターで流れてきた情報だが、日本語の遺伝学用語が改定になるかもしれないらしい。(日本語の新聞サイトは定期購読していないので出だししか読めないのだが、別に有料部分に記事の出だしとは反対の結論が書いてあるとも思えないので、わたしの読んだ部分に記事の必要部分はすべて凝縮されていると思う。)

「劣性遺伝」「優性遺伝」などという言葉は、どちらの性質が見た目(表現型)に出るかだけのことで、遺伝子そのものの優劣を表す言葉ではないが、それをよく知らない人が聞いたら誤解するかもしれない、というのが理由だという。

しかし、いちおうプロの立場として言わせてもらうと、「優性」「劣性」などという表現そのものが、「遺伝」が抽象概念でしか捉えられてなかった時代の遺物であり、遺伝子の実態(ほとんどの生物でDNA)が理解されており、なおかつ多くの遺伝子で、なぜ一方の表現型のみが見た目に出るのかという仕組みが解明している現代では、特に学習初期(高校生物とか大学学部生向けの生物とか)にこのような単語を使った古典遺伝学を教えることは、学習者を混乱させるばかりで何もメリットはないのではないかと思う。「遺伝学の黎明」としてメンデルのお話を教えるのはいいとして、それはあくまでとっかかりの「お話」であって、本当に遺伝学を理解させることが目的なら、遺伝子はDNA上にコードされていること、DNA配列の違いが遺伝子の産物にどういう影響を及ぼすか、それがどういう表現型につながるかを現在の知見で説明する方がよほどわかりやすいのではないか。(そもそも遺伝の概念はメンデルよりもずっと古くからあった。家畜や農作物の品種改良は人々が無意識のうちに「遺伝」を理解していたことの証左だ。)

例えば、最初にリンクを貼った新聞記事には「髪の色なら濃い色は薄い色に対して優性だ。一方が黒髪で、もう一方が金髪なら子どもは濃い色の髪になる。」とあるが、これはあまり適切な例ではない。黒髪と金髪の子供なら、真っ黒よりは栗色の髪になることも多い。ところがマウスの場合、茶色いマウスと黒いマウスをかけ合わせると、仔は茶色になることもある。これはマウスの毛の色を決める遺伝子が1つでなく、複数の遺伝子の組み合わせで決まるからなのだが、これを古典遺伝学の「優性」「劣性」で解き明かそうとするのは、いわば中学入試の算数の問題を方程式を使わずに解けというようなもので、受験者の頭の回転を見るにはいいかもしれないが、本質の理解を問うなら方程式で解けばいいのである。

用語の云々といった小手先のことよりも、もっと他に考えることはあると思うんだけどね。

ウサギとパイナップル

日本で国語の試験問題で、「このとき主人公はどのように感じましたか?」という類の設問に対し、試験問題に使われた文章の原作者でさえ正解が当てられない、こんな教育をやってるから日本はダメなんだ、という議論を時々見かけるけれど、意味不明の国語の試験問題を出すのは決して日本だけの特技ではないようだ。

今日のNew York Timesの記事によると、ニューヨーク州の8年生の統一学力テストの英語(日本流に言えば国語に当たる)の試験に「ウサギとパイナップル」という「ウサギとカメ」のパロディ童話が出題され、生徒の間で出題の意図を巡って混乱を巻き起こしたという。

話の概要は、カメならぬパイナップルがウサギに競走を挑む、これを見た森の他の動物たちは、パイナップルには何か企みがある (have a trick up its sleeve 「袖のなかに何か仕掛けを隠している」) に違いない、競走に勝つに違いないと思う。しかし、いざスタートしてみれば、パイナップルは一歩も動かず、動物たちはパイナップルを食べてしまう、このお話の教訓は、「パイナップルには袖がない」、というもの。

で、このお話に対する設問は、「動物たちはなぜパイナップルを食べたのですか?」答え「A 空腹だったから B 興奮したから C 腹を立てたから D 面白いと思ったから」とか、「いちばん利口な発言をした動物は誰ですか?」答え「A ウサギ B ムース C カラス D フクロウ」等々。

原作者いわく、これはナンセンス物語なのだから、こんな真面目に受け取ってもらってもねえ、とのこと。

マルチプル・チョイス式の統一学力テストの限界かもしれないけどね。

SMS spam その後

今週はブログ書くネタないわ、平和やわ〜と思ってたら、この前の意味不明なスパムテキスト、今月分の電話の請求書を見たら、しっかりsubscription $9.99というのがチャージされていた!!!もちろん直ちに電話会社に電話。

「AT&Tにお電話いただきありがとうございます。本日担当させていただきますxxxxです。電話番号xxx-xxx-xxxxの件でお問い合わせですか?」
「そうです。」
「お名前をどうぞ。」
(名前を言う。どうせ向こうは、画面に出てる名前と合致するかどうか確認するだけだろうから、綴りはいらないだろうと思うのだが、いつも念のため綴りを言う。)
「ソーシャルセキュリティ番号の下4桁をどうぞ。」
「xxxx」
「ご用件は何でしょう?」
「えっとですねえ、請求書を見たら、申し込んだ覚えのないsubscription $9.99というのがあるのですが、これはどういうことでしょう?」
「はい、すぐに調べますね。」(キーボードをガチャガチャ言わせる音。)「はい、チャージを消しました。$9.99をアカウントにクレジットしておきます。」
(こんなに簡単に消してくれるということは、よっぽどたくさんの怒りの問い合わせがかかってくるからに違いない。しかしこっちが「消してください」と言う前に消してくれるとは!)
「今後、勝手にこのアカウントにチャージできないように無料のpurchase blockをかけることもできますが、いかがでしょうか?」
(あ、これ、向こうから言ってくれへんかったら、こっちから聞いてみなあかんと思ってたんよね。でも、これも向こうから言うてくるなんて、すごいやん。それにしても、なんで第三者が勝手にチャージできる状態がデフォルトで、わざわざブロックをかけなあかんの、と思いながらも、どうせ教えられた台本を棒読みしてるだけのカスタマーサービスのおばちゃんに喧嘩を売って時間を無駄にするのももったいないので)「あ、それお願いします。」
「ブロックをかけると、アカウントに直接チャージされるタイプのお買い物はすべて出来なくなりますが、よろしいですね。」
「はい、大丈夫です。」

直後に来たメールによると、このpurchase blockというのはparental controlの一部で、子供が勝手にゲームやリングトーンを買ったりするのを防ぐのが目的らしい。なるほどね。しかし、子供が携帯端末からゲームを買うという仕組みはまだ理解できるが、関係ない第三者であるスパム会社が、携帯端末と関係なくアカウントにチャージできるという状態はどう考えても間違っている。

どうやらこれは最近、大きな問題となりつつあるようで、今日のNew York Timesにも同じような例が!(今日の記事は2週間前の記事の続きなので、2週間前の記事も読んだほうが全体の流れがわかりやすいかも。)注文した覚えのないサービスを請求書に潜りこませるやり口にはcrammingという「専門用語」すらあるらしい。

電話会社から満足のいく返答を得られなかったNew York Timesの記者は、FCC (Federal Communications Commission)に質問状を送ったそうだが、「公開するのも恥ずかしい」ような意味のない紋切り型の返事しか返ってこなかったそう。

スパム会社が電話会社に収益の一部を払っていて、さらにスパム会社や電話会社が強力なロビイストを議会に送り込んでるからFCCはこれを放置しているのかしら、なんて考えすぎよね。

Tax return 終了

今年は連邦税も州税も追加で払わないといけないことがわかってたので、なかなかやる気になれなかったのだが、直前になってコンピュータがストを起こすとかそんなバカな目に合うのも嫌なので、とりあえず終了させた。

使ったのは例年の如くTurboTaxのオンライン版。ある年、「投資商品の売買をしましたか?」という質問に「イエス」と答えたら、Premier版に誘導されてしまったが、自分の場合はストックオプションとか関係ないので、Premier版のガイドはあまり役に立ったと思えなかった。以来、Deluxeを選ぶように気をつけている。(はっきり言って、Basicで十分ではないかという気もしている。昨年は節税をよく考えずにお金を動かしたので、税金の支払不足が生じたけれど、TurboTaxに指摘されるまで気づかなかったdeductionとかcreditなんか、はっきり言って皆無だし。)

しかし、オンラインでtax returnができるようになって何が一番便利かと言えば、支払い日をギリギリに設定できることですね。還付があるときはできるだけ早く返してもらい、支払うときは期日ギリギリに、というのは、自分にとっての鉄則。

さて、今年の一番の収穫(?)は、地方債の入ったmoney market fundの利子をどう入力すれば、TurboTaxに正しく理解してもらえるかをようやく解明したこと。自分の持っているMMFの中にはいろんな州の地方債が入っており、連邦税上の課税対象額と、州税上の課税対象額が異なるというややこしい問題が生じる。どうせごく少額なので、この扱いを間違えたからと言って納税額に差があるわけではないので、これまで無視していたのだけど、今年は、「もしかしたらこうすればいいのかも」と思いついてやってみたら、ちゃんと「連邦税のかからない利子収入1ドル、州税のかからない利子収入0ドル」となった!

これで、MMFのリターンが上がって、高額の利子収入を得るようになっても(←妄想するのは勝手)、正しく処理できそう。