The Artist

今年のアカデミー賞は明日らしいけど、遅まきながらノミネート作のひとつ、The Artistを見てきた。

サイレント映画スターのジョージは、女優志望のペピーと偶然出会う。ジョージのちょっとした口添えで映画出演の足がかりを掴むペピー。それを機に、彼女は少しずつ女優としての実績を伸ばしていく。

2年後、映画会社の社長が「サイレント映画はもう古い」と、音声付き映画に方針転換する。新しい方針に賛同できなかったジョージは、自分でサイレント映画をプロデュース。その映画の公開は、ペピーの主演する音声付き映画の公開と重なった。結果はジョージの惨敗。1929年の株式市場の大暴落に加えて、妻との離婚も相まって、ジョージは経済的窮地に立たされる。

裏びれたアパートで、長年連れ添った愛犬と二人(?)きりで暮らすジョージ。先行きの見通しもなく、自暴自棄になったジョージは、自分の出演作のフィルムに火をつける。そして。。。

ストーリー展開は予想通り、最後はハッピーエンドの非常にチャーミングな映画。サイレント仕様で、ほとんど人間の会話なし。ストーリー展開上必要最小限な会話は、字幕で提示される。カーチェイスもない、暴力シーンもセックスシーンもない、結末は見え見えなのに、それでもワクワクドキドキできる、ある意味で「昔の映画」の良さをありったけかき集めてお洒落にパッケージした、楽しい2時間弱だった。

そもそも主役ジョージの苗字はヴァレンティン。明らかにサイレント時代のスター、ルドルフ・ヴァレンティノを意識した命名だろう。羽振りの良かった時代にジョージが住んでいた豪邸は「サンセット通り」を思わせる。「忠実な執事」も「サンセット通り」に出てきましたね。(The Artistの執事役は牧羊豚映画Babeのホゲットさん。)スターへの階段を登る若い女と、下り坂の男という取り合わせは、「スター誕生」そっくり。「スター誕生」はもっと重いけど。

そして忘れてはならないのが、スーパードッグ、ジャック。(本名、アギー。)「会話音声がない」「何を言ってるかわからない」というのは、この映画の重要なポイントで、だからこそ「人間の言葉をしゃべれない犬」というのが意味を持つわけである。このアギーちゃんの名演、「男優賞にアギーを」という声が絶えず、BAFTAは「アギーは賞の対象外」との声明を出すはめになったとか。明日のオスカー、アギーが来るなら中継を見てもいいと思うくらい。

しかしこの映画、実はフランス映画。今のハリウッドはこういう幸せな映画を作らないんだなあ。

The Zuckerberg Tax

FacebookがIPOされたら、Mark Zuckerbergはものすごい額の税金を払うことになる*とか、これでカリフォルニア州の税収が増えて、州の財政が潤うとか、いろんな話が出ているが、New York Timesにこんな記事が。

以下、概要 —

これはFacebookに限ったことではなく、AppleのJobsやBerkshireのBuffettにも当てはまる話だが、彼らが大量に持つFBやAAPLやBRKの株価は大幅に上昇したが、彼らの資産総額の上昇は紙の上だけのことで、現行の税制ではそれを売却しない限り税金はかからない。しかも、彼らがその値上がりした株を生前に売却せず、遺族が相続した場合、cost basisは相続した日の株価が基準となるので、相続人にとっては、その日から売却日までの上昇分にしか税金はかからない。

大金持ちもキャッシュが必要になれば株を売るだろうと思うかもしれないが、実はそうではない。株を売れば税金が発生するので、株を担保に借金する方が有利なことも多い。実際、OracleのEllisonは彼の保有するORCL株を担保にビリオンダラー単位のお金を借りている。

ここで筆者は提案する。超金持ち(トップ0.1%)の資産増加分をmark-to-marketで実際に売買が行われなくても毎年課税してはどうか。この新たな財源によってブッシュ減税を維持し、AMTを廃止し、財政赤字を削減し、予算緊縮を緩和することができる。この税金は超大金持ちにしか適用されないので、ミドルクラスには関係ない。

以下はわたしの意見 —

筆者は0.1%の大金持ちが対象と述べているが、株式を公開していない会社の所有者はどうなるのか?果たしてそんなに厳密に0.1%を同定できるだろうか?0.1%から1ドルでも少なければ税を免れるのか?

資産価値上昇分に課税する代わり、価値が減少したらその分、税金を払い戻すと言っているが、そんなことが可能か?リーマンは2007年初頭には総額54.6ビリオンダラーのマーケットキャップを持っていたのが、2008年が終わるまでに実質ゼロになった。同時期に資産総額が激減したのは一社ではない。こんな規模の急速なロスに税金の払い戻しで対応できるのか?

* Wall Street Journalの記事の最後に「これは金持ちは税金を払わないという意見の反証になる」とあるが、わたしから見れば見当はずれだと思う。Zuckerbergがordinary income rateで税金を払うのは、彼のstock optionのストラクチャーの問題であり、金持ちが税金を払うかどうかとは関係ない。

久しぶりの雪

今年はこれまで異様な暖冬で、1月下旬に日中最高気温華氏70度(摂氏21度!)を記録してみたり。地表が雪で覆われていないので、太陽熱の吸収が良く(単に、雪があると白いので太陽熱を反射する、地面が露出していると黒いので吸収する、という理由)、これも暖かさに拍車をかけているのだとか。で、この週末、久々の雪が降ったので、ちょっと写真に撮ってみた。

例年ならこの地方の雪はサラサラの粉雪なのだが、今年は気温が高いのでベタベタの雪。土曜日一日降り続いた雪の量は、約9インチ(23センチ)。今日は道路は大根おろし状態。

除雪車

ここは実は歩道なのだけど、空き地の前で歩道を除雪してないので通れない。ということで、人間は車道を歩くことになる。(歩道の除雪は、そこに面する不動産の所有者の責任。空き地なら、本当は空き地の所有者が除雪しないといけない。)

除雪車が通ると、路上駐車してる車はこんな風に雪の土手に押し込められることになる。脱出するには、車の雪をはらうだけでなく、雪の土手も少し掘らないといけないだろう。4WDならこれくらいの土手は乗り越えられるだろうけど。

家の屋根に雪が積もっているのは、実は断熱が効いている証拠。断熱が悪いと家の中の温かい空気で屋根が温まって、雪がすぐ溶ける。

雪が降ったといっても気温は氷点前後なので、全然寒くない。

税金対策の失敗

まだ税金関係の書類が全部揃ってないので2011年のタックスリターンは終了していないけれど、税金対策の上で一つ失敗したことに気づいた。

年末に少しまとまった額のキャッシュが必要になったので、投資講座(IRA外の普通の課税口座)の株式を少し売ったのだが、この株式の選択をもう少し慎重にやればよかった。利益確定のために値上がりした株を売ったのだが、おかげでキャピタルゲインが。もう少し、値下がりした株で相殺して、もっとゲインを抑えた方が税金のためには有利だった。

まあ、長期キャピタルゲインは税率が15%なのがせめてもの救い。キャピタルゲインを出すのはバフェットやロムニーのような大金持ちだけではないのですよ。