Can the Bulldog Be Saved?

今日のNew York Times Magazineの記事から。今風に言えば、「ブルドッグって、おわってる?」ていうところ?ブルドッグの品種の「理想」を追求し続けたあまり、純血のブルドッグは動物として生きていくのに適さなくなってるのではないかという記事。へちゃむくれた平らな顔のため気道が狭く、少し運動させるとすぐに息切れする。食物を誤嚥して肺炎を起こすこともしばしば。処置のために麻酔をかけ、挿管したら、覚醒しても自己抜管しないのだそうだ。(挿管されている方が、普段より呼吸が楽なためらしい。)皮膚にヒダがあるのが良いとされるため、しわの間に感染を起こす。角張った体型のため、いまや自然に交配することもできず、出産も帝王切開を要する。これがGM(遺伝子組み替え)で作られた品種なら、環境保護団体をはじめとする色々な団体がさんざん反対運動を起こしているだろうが、これは「普通の」交配で生み出された品種なので、大声で反対を唱える人はまだ少ない。しかし、イギリスのケンネルクラブはすでに「理想のブルドッグ」の定義を少し変更し、人工的に定義された「理想」のために動物の健康を損なうことがないようにという動きを見せている。

ブルドッグの人気の秘密は、そのへちゃむくれた顔、ずんぐりした体型、人が介助しないとほとんど何もできないところが、まるで(人間の)赤ん坊のようで、飼い主の母性本能をくすぐるのだそうである。ドッグショーではnon-sportingカテゴリーだが、同じカテゴリーの(見た目の)対局ともいえるのがプードルである。わたしは個人的には断然ブルドッグよりはプードル派であるが、好みの犬のタイプによる性格診断なんてあるのかしらん。(プードルはなんと言っても、あの長い鼻面がいいよね。賢そうで。テディベアカットだか何だか知らないけど、せっかくの長い鼻面が映えないのは好きじゃない。)

長いけど一気に読める興味深い記事。とくにペット好きには一読の価値ありと思う。

健康保険

今年もやってきた、職場の健康保険open enrollment期間。ブログを振り返ってみると、毎年この時期に同じネタばかりなのだけど()、年中行事の一環なので仕方がない。

今年の当地の健康保険関係の大きなニュースは、来年からdomestic partner(同性でも異性でもいい)が健康保険に入れるようになるかもしれない、というもの。まだ大学の評議会で正式に認可されたわけではないので、今回の保険の選択肢には入っていないのだが、この超保守的なネブラスカでは大ニュース。大学側は「近在の一般企業でもdomestic partnerの健康保険加入を認めるところが増えており、よい職員を集め、競争力を高めるためには、州立大学も同様のベネフィットを提供するべきだ」との意見。さてどうなることやら。

ちなみに現行の税制では、正式に結婚している家族や子供の健康保険のために雇用主が払った保険料は無税だが、domestic partnerはその適用外。だから、domestic partnerが保険に入ったら、その掛け金の自己負担分はpre-taxベースで払えないし、雇用主負担分は所得税の対象になる。(Domestic partnerが低収入なら、dependentにすれば税金は逃れることができるようだが。)

健康保険の保険料は、勤め人だと普通は自己負担分だけを見るだろうけど、大学で人を雇っていると、自分のグラントから自分や学生、テクニシャン、ポスドクの給料やベネフィットを出さなければならないので、雇用者負担分もすごく気になる。こちらで保険に入るか、配偶者の職場の保険に入るかで、年間、何千ドルも経費が違ってくるから。

オルガン下見

2週間後のオルガンコンサート(と言っても、自分が弾くのは5分か10分くらいだけど)に出ることになったので、会場のオルガンを下見に。

オルガンというのはピアノと違って、規格がバラバラなのである。手鍵盤が1段のものもあれば、3段、4段のも。出せる音の種類(ストップ)も楽器によって違う。パイプオルガンだとフランス式、ドイツ式で全然違うし、電子オルガンはその折衷型みたいなものだけど、それでも実際に見てみないとわからない。

そして(わたしにとっての)最大の難関はペダル。現代のピアノなら、楽器によって(たとえそれがヤマハであってもスタインウェイであっても)鍵盤の幅が違うということはあり得ないのだが、オルガンのペダルは何と機種によって幅が違う!家で練習用に使っているオルガンのペダルはAGOスタンダードといって各ペダルが扇状に並び、両端が中央より高くなっているタイプなのだが、うちの教会のオルガンはどれもこれもヨーロッパ式でペダルは平行、両端の高さは中央とほとんど同じ。つまり、家で練習しているときと、教会で弾くときとでは、「踏み心地」がかなり違うのである。

AGOスタンダードペダル

上が断面図。下が真上から見た図。断面図を見ると、両端が中央より高くなっているのがよくわかるでしょう。

ドイツ式ペダル

現代のオルガンはパイプオルガンでも電子オルガンでもスイッチがあるのだが、「オルガンの下見の最大の難関は、どこにスイッチがあるか見つけることよ」とはわたしのオルガンの先生の弁。(パイプオルガンでもふいごは電動だからスイッチが必要。)ストップはどのオルガンでもわかりやすくラベルされているのだが、スイッチは何故かはっきりラベルされていないことが多いらしい。うちの教会の練習用オルガンの一つに至っては、スイッチはキーボードの下の見えないところにある。とりあえず今日見に行った教会は、本当のパイプオルガンではなく電子オルガンで、ペダルはAGOスタンダードなので、家の練習用と同じ。スイッチが見当たらなかったが、車のキーのようなものがぶら下がっていたので、もしかしてこれがスイッチかなと思ってひねってみたら、無事にオンに。(案内してくれた教会の事務のおばちゃんは、「これがオルガンだけど、あたしは何も分からないからね。」と念を押して去って行った。つまり「スイッチの位置が分からなくても、あたしに聞かないでよ。」という意味だったに違いない。)あとはレジストレーション(ストップの組み合わせ)を色々試して、どの曲をどのレジストレーションで弾くか決めて、とりあえず下見終了。次にこのオルガンに対面するのは本番ということになる。

ちなみに弾く曲はJ S BachのOrgelbüchleinからアドベント・クリスマス曲を3曲。
BWV 599 — Nun komm, der Heiden Heiland
BWV 602 — Lob sei dem allmächtigen Gott
BWV 608 — In dulci jubilo

車の窓ガラス

昼間、同居人から電話がかかってきたので何事かと思ったら、「芝刈り(正確にはweed whackingと言って、こんな機械で芝生の端を整えたり、雑草を刈ったりする)して、ふと気がついたら車の窓ガラスが割れてんねん!」

どうやら気がつかないうちに小石を巻き上げて、それが車の窓ガラスに当たった模様。

平日の昼間だったので、すぐに何軒か修理屋に電話して、わたしが帰ってくるまでには修理されていたが、こんなこと初めて。フロントガラスではなく、後部ドアのガラスだったが、〆て200ドルちょっと。ときどき窓ガラスの代わりにビニール袋とガムテープで修理(?)したポンコツ車を見るが、家計が自転車操業だったら200ドルの緊急支出は痛いだろう。

(ちなみに、修理屋に「車上荒らし?」と聞かれたそう。何でも、先頃、商売繁盛を狙ったどこかの修理屋が、チンピラを雇って、車の窓ガラスを割って回る事件が続発したらしい。)

最近の住宅ローン審査の傾向と対策

こんな新聞記事があった
Triggers of Lender Scrutiny – New York Times

要は、住宅ローンの申し込みをするときにはウソをついてはいけませんよ、という、ごく当たり前のことばかりなのだが。

  • 直前に多額の預金があった場合、その資金の出所を明らかにすること。家の頭金として家族から贈与を受けたのなら、その旨、はっきりと説明する。
  • 住所。「自家」を購入するためにローンを組む場合、その「自家」と職場が離れ過ぎでいると怪しまれる。在宅勤務をしているなら、その旨、会社から一筆書い てもらった方が無難。子供がたくさんいる大家族なのに、ワンベッドルームの家を「自家」として買うと、これまた怪しまれる。
  • 住宅ローン申し込み前後に新しい借金(新しいクレジットカードを取得する等)を作らないこと。
  • 自己申告した収入が、同業者の平均とかけ離れていると怪しまれる。(大学の教員が「年収10ミリオン」とか、ね。)ローン会社はタックスリターンをチェックすることが多いので、バレるようなウソは書かないこと。

逆に言えば、バブル期にはこんなウソは珍しくなかったということか?

Duruflé Requiem

先週の金曜日は聖歌隊の秋のコンサートでデュリュフレのレクイエム。3年前にフォーレのレクイエムをやって以来、二度目の「レクイエム」となった。デュリュフレはフォーレほど頻繁に演奏されないかもしれないが、20世紀のフランスの作曲家・オルガン奏者。フランスのオルガン音楽の伝統というのは、バッハに代表されるドイツのオルガン音楽の流れとはまた異なった独特の味わいがある。実はわたしがこの作曲家を知ったのは、某所のオーディションでこのレクイエムの第二曲、「キリエ」が課題曲にあったからであるが。

(YouTubeにNHKからと思しき画像がある→

フォーレのレクイエムは美しいのだが、歌っていてオイシイのはほとんどソプラノ。アルトは楽章によってはほとんど全部休み、みたいな扱いで、ある意味で気楽だったのだけど、デュリュフレは、夫人がアルトだったためかどうか、アルトパートも結構充実していて気が抜けない。このレクイエムはオルガン版、オーケストラ版など、三通りの伴奏が現存するのだが、今回使ったのはオルガン版。ウィーンからオルガニストを迎えるという例のない凝りようで、当地の音楽監督の気合いのほどがうかがわれた。

実のところ、音楽大学でもない、ほとんどのメンバーがボランティアの教会の聖歌隊で、それも2ヶ月半でこの曲を仕上げるというのは、かなりの冒険だったんじゃないかと思う。デュリュフレは20世紀の作曲家とは思えないほどロマンチックな音楽家だが、それでも拍子記号がコロコロ変わり、転調だらけ。おまけに実際にオルガンを合わせたのは、本番2日前の2時間のリハーサル一回切り!

合唱譜は紙面節約のためか本当に合唱パートのみで、他の楽器の記載がほとんどなく、休止をずっと数え続けないといけないというシロモノ。オーケストラのパート譜に慣れている人からすればどうでもないことかもしれないが、合唱譜というのは最低でもピアノ伴奏がついていることが多いので、普段はあまり数える訓練ができていないのである。仕方ないから、危なそうな「入り」の部分は、オルガン伴奏を聞き取って自分で譜面に書き込んだ。子供の頃にやった聴音がこんなところで役に立つことになるとはね。

で、今日、CDをもらったのだが、悪くないんじゃない?最初の少人数で無伴奏で歌ったモテットの部分のアルトは伸び悩んでいるけど(音域の関係上、どうしてもソプラノに負けがち、と言い訳しておこう)、レクイエムの方はなかなか。指揮者が入りを間違えて、違うパートの方を向いて振ったのにもめげなかったし。でもオルガンの音というのは、やっぱり録音では再生できないもんだね。

Refinanceの後始末

無事に家をリファイナンスできたのはいいのだけれど、少しずつその後始末が。

まずは古いモーゲージの口座に残っていたエスクロー(保険、固定資産税を支払うための積み立て口座)がちゃんと戻ってくるか、ヤキモキ。「口座を閉鎖してからエスクローの清算が済むまで、2週間かかります」と言われた通り、きっちり2週間後の日付で戻って来た。

当然チェックで戻って来たので、銀行まで行くのが面倒だから50セントの手数料を我慢してオンラインで入金しようと思ったら、一日に入金できるチェックの合計(こんなもの、これまで気にもしていなかったのだが)を越える額面だったため、銀行まで行く羽目に。チェックというのはこちらが入金するまでは向こうの口座にお金が残った状態になるので、一日でも遅く入金すれば、それだけ(チェックを振り出した)銀行が利子を得することになる。そうはさせじと速攻で入金。

それが終わったと思ったら、10月分のモーゲージの支払いが戻って来た。リファイナンスが本当にクローズしたのが10月5日、わたしはモーゲージの支払いを銀行の口座自動引き落としにしていたので、クローズする前にすでに引き落とされていた10月分の支払いが返金に。これでまたまた銀行に行くことになった。(もちろん速攻で。)

さて、新しいモーゲージはエスクローがないので、保険も固定資産税も自分で払わないといけないのだが、いつが期日だったかなと思って保険会社の通知を見ると、「これはお知らせで、請求書ではありません。請求書はモーゲージ会社に送りました」という文面が。これではいかん、請求書をこっちに送ってもらわねばいかん、と保険の担当のおばちゃんにメール。

と、細々とした残務処理があるのだが、2.75%のためと思って耐えているこの頃。