オーランド

その団体が主催する学会に出席しなければならないという条件の付いたグラントを頂いているので、真夏のオーランド(フロリダ、ネズミーワールドのあるところ)に行ってきた。アメリカに20年近く住んでいるが、フロリダにはあまり縁がなく、実は行くのは2回目、それも前回もオーランドだった。

オマハの空港はどこに行くにもほとんど直行便がなく乗り換えないといけないという不便はあるが、小さな空港にはそれなりの特典がある。すなわち国際空港ですらない弱小空港なので、セキュリティの列がいつも短いという点。(アメリカの空港はかなり小さなところでもカナダかメキシコへの直行便が出ていれば立派に「国際空港」である。)今回、行きはメンフィス経由、帰りはシンシナティ経由。

さてメンフィスの空港は初めてだが、思ったよりクタビレた感じの空港だった。メンフィスといえば天下のFedExのお膝元。もっと近代的なパリッとした感じの空港かと思いきや、何だか古い建物に表面だけ新しいドライウォールを貼付けたような感じ?しかしここでの乗り継ぎがちょうどお昼時だったので、空港内の出店のバーベキュー屋でテイクアウトのバーベキューを買ったのだが、これは今回の出張の中で秀逸の選択であった。注文してお金を払ってしまってから、次の人がアイスティーを注文するのを聞いて、しまった、わたしもアイスティーを頼めばよかったと後悔したが、面倒なので我慢することにした。メンフィスはサウス(南部)なので、「アイスティー」というと「砂糖入り」と「砂糖なし」を自分の好きな割合に混ぜたものを注文できるのである。

無事に昼食を確保した後、テイクアウトの容器の中からバーベキューソースのにおいをプンプンさせながら、オーランド行きの飛行機の乗り口に。わたしの中ではフロリダというのはあくまで冬の観光地で、真夏の蒸し暑い時期なんか閑古鳥が鳴いているのだろうと思っていたら大間違い。ゲートの周りは荷物を抱えた家族連れでいっぱい。(最近荷物を預けると追加料金を取られるので、なるべく皆、手荷物にしようとする。)資本主義の総本山に家族総出でお参りして、お布施をほどこし、アメリカ国の経済成長に貢献しようという模範的愛国市民の姿を見る思いがした。

小さな子供連れを満載した飛行機の機内は、期待を裏切らない阿鼻叫喚の巣であった。こちらもいちおう、元小児科医であるので、子供の叫び声はあまり気にならないし、その上、いつでもどこでもどんな状況でも寝られるという特技を持っているので、バーベキューを満喫した後はお昼寝体制に。しかしこれは高々1時間ちょっとのフライトだったからいいようなものの、国際線でこういう騒然としたフライトだと、やはり辛いものがあるだろう。

空港からシャトルバスで会場のホテルにたどり着き、帰る日まで一歩も外に出ることはなかったのだが、それにしても夏のオーランドは蒸し暑い!何度か夕立が降ったみたいだが、夕立の後、涼しくなるのではなく、ますます湿気が上がるだけのようだ。バスの窓から見える不動産の広告はいつのものだろう?

ホテルの中は何もかもが素晴らしい観光地値段。インターネットが一日14ドル(税、サ別)!?学会会場の中には、いちおう無料WiFiが飛んでいたが、キャパシティーオーバーのようでつながらない。結局滞在中使ったのは、iPhoneの3Gばかり。FedExで別送したポスターを受け取りに行ったら、「ホテル内オフィスでの受け取りのための特別手数料」$10を追加で徴収された!(送料は既に払ってあるのに。)

普段テレビを見ないので、ホテルに泊まるとテレビが新鮮なのだが、ESPN(スポーツ専門チャンネル)ばかり5つ以上あるくせに、Comedy Centralが入っていないとかいうとんでもない選択肢しかなかったので、これもほとんど役に立たず。

とかなんとか文句は言いながらも、大昔の知人に再会したりとか思いもよらない収穫もあったので、まあこんなものかと。

それにしても、オーランドで学会をするのはやめてほしいものだ。ネズミー軍団に囲まれて飛行機に乗るのは辟易。帰り、家族連れ満載のセキュリティラインというものを初めて経験したが、あんなに時間のかかったのは初めて。小さな子供を連れてセキュリティラインに並ぶ大変さを見れば、多くのアメリカ人が車でしか旅行しない理由もよくわかる。

4 thoughts on “オーランド

  • August 7, 2011 at 10:02 pm
    Permalink

    ホテルの中にずーっといるだけなら何もオーランドでしなくてもいいのにね。家族連れの人のためなのかな~それにしても、もっと涼しくていいところもアメリカにはいくらでもありそうなのにね。
    先週出入りの業者さんが、1週間軽井沢でセミナー受けていて一歩も外に出てないと言っていたけど、それと似たようなものですね。

    Reply
    • August 8, 2011 at 12:02 pm
      Permalink

      最初は真夏のオーランドってきっと閑古鳥が鳴いて、カンファレンスルームの賃料が安いんだろうと思ってたのだけど、どうもそういうわけでもなさそうですね。まあ、アメリカの学会は、家族連れのために観光地でやるのが多いですが。今回も確かに夕方にネズミー行きの無料バスが出てました。(昼間、炎天下に出歩くのは無理。家族連れなら昼間はプールしかないと思う。耳かき遊びをするなら早朝だろうね。)

      Reply
  • August 12, 2011 at 10:02 pm
    Permalink

    亀コメですが、お疲れさまでした。夏休みのオーランドは最悪です!出発ゲートから枕やぬいぐるみを抱えたガキんちょがいっぱい。普通、FLの主要都市では、あそこに飛ぶのが一番安いのですが、夏になるとそうではなくなるし。あそこ、食べ物がマズイFLの中でも一段とマズイので(food wasteland)、冬にも行きたくないですが。バブル時に、内陸部のあそこに不動産(それもcondo)を買いまくった人たちの気が知れません。
    私は、FLは夕立が来た後は涼しく感じますが。ま、私は、オーランドよりも暑いところに住んでますので。夕立なんてないし、昼間、出歩くのはもっとムリ…  NOLAで、湿度が高くて気温が低い方が(90Fくらい)、外は歩けると実感しました。
    しかし、オマハ、オーランドまで直通便がないって…

    Reply
    • August 13, 2011 at 7:39 pm
      Permalink

      O-yaさんもフロリダ遠征(?)お疲れさまでした。空港とホテルを結ぶシャトルの中から見た印象では、なんだか寂れてますね〜。幹線道路沿いの不動産の広告がすごく白々しく見えました。前に行ったのは十年以上前ですが、あんなにくたびれた印象はなかったのですが。

      オマハ、春休みシーズンにはマイアミ行きの直行便があるらしいですが、とにかくどこに行くにも乗り継ぎが基本です。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.