先週号のエコノミストの表紙

先週号(7月9日ー15日号)のエコノミストは「ニュースメディアの将来」という特集を組んでいたが、18世紀のカフェが活発な情報交換の場であったことを踏まえて、それをもじった表紙がちょっと面白かったので紹介。

(画像をクリックすると大きくなります。)

残念ながらネット版の表紙絵はこれ以上大きなものが見つからず、拡大しても解像度があまり良くないので細かいジョークは読みにくいかも。全体に共通するツボは、エセ18世紀風の綴り、言葉遣いで、現代のメディアトレンドをおちょくっているという部分。

1. ケーブルテレビのニュース専門局のように見えるが、アンカーの女性は髪粉をふった鬘をつけ、18世紀風のドレスを着ている。画面下のテロップは”NEWS BREAKETH”(CNNなどではよく”Breaking News”(緊急特報)というテロップが出る)。Breakethという、わざと古い活用を使っている。テレビが流れているものの、誰も画面の方を向いていないというのも、重要な点かもしれない。

2. “PITT the YOUNGER on TUMBLR” 「小ピット、Tumblrに」。小ピットは18世紀後半のイギリスの政治家。最近はブログのプラットフォームとしては、bloggerよりもtumblrの方がかっこいいと思われてるのか?

3. “GRATIS WYE-FYE” gratisは「無償」の意。「無料Wi-Fi」。Wye-Fyeという綴りもなんとなく18世紀的。

4. “MARIE ANTOINETTE’S BLOG ~ NEW CAKE RECIPE” 「マリー・アントワネットのブログ – 新しいケーキのレシピ」。これは説明の必要はないでしょう。アントワネットはtumblrじゃないのね。

5. “Will thou be my Visagebook friend?” 「貴公は拙者の顔本友達になってくださるかな?」Visageとは顔のこと。もちろんFacebookのもじり。

6. “I saw her on ThouTube” 「彼女は ThouTube で見たよ。」ThouはYouのことなので、YouTube。

7. “Is this the South Sea Bubble 2.0?” 「これは南海バブルの二の舞か?」最近のネット関連企業の人気は、ドットコムバブルの二の舞かと言われていることを踏まえて。南海バブルは18世紀の経済バブル。

8. “I hear Tom Paine’s all a-twitter” 「トム・ペインが大人気らしい。」a-twitterは文字通りに訳すと「ツイッターで話題になっている」だが、「話題になる」に相当する普通の単語はabuzz。Googleのソーシャルネットワークの試みの一つにGoogle Buzzというのがあり、あまり成功しなかったので、それも引っ掛けたものだろう。トム・ペイン(トマス・ペイン)は18世紀のイギリス/アメリカの思想家、独立の父の一人。

9. ラップトップ。シルバーっぽいボディはマックか?

10. こちらは紛うことなくiPad。林檎のロゴがはっきり見える。

11. “WIKYE-LEAKES LATEST: Josephine Bonaparte’s emails” 「ウィキリークス最新情報:ジョゼフィーヌ・ボナパルトのEメール」。

12. “TEA PARTY GAZETTE BACHMANN DOTH ROCK” 「ティーパーティー新聞、バックマン最高!」バックマンは最近サラ・ペイリンよりも一部で人気を集めている保守派の女性政治家。Tea Partyといえば、元来はアメリカ独立戦争時の事件の一つであるBoston Tea Partyを意味し、これも18世紀後半の事件なので、この絵の時代と合致する。

13. マウス。Windowsマシン風の2つボタンマウスが床に転がっているのは、最近のタッチスクリーンの隆盛とも関係があるのかもしれない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.