皆さん、そうなさってますよ

ツイッターで流れてたリンク先の、そのまたリンク先で、今、その当該のブログが見当たらないのだけど、そこからふと思ったこと。

そのブログ記事は、「(今回の震災、原発事故をふまえて)一般の人にインタビューすると、皆さん、『国はこうするべきだ。』とか『政府はああするべきだ。』と雄弁に意見をおっしゃる。でも、『では、あなた個人はどうしますか?』と問いかけると、困惑したような表情を見せて口をつぐんでしまう人が多い。」という内容だった。

そこで思い出したのが、以前に聞いたジョーク。船が沈みかけて、乗客に海に飛び込んでもらわなくてはならないことになった。客の出身国はさまざま。意を決して飛び込んでもらうには、どう言うのがいいのか?

アメリカ人には「(飛び込んだら)ヒーローになれますよ。」

ドイツ人には「規則ですから。」

フランス人(イタリア人だったかも)には「(異性に)モテますよ。」(昨今は同性にモテてもよいのだろうけど。)

そして日本人には

「皆さん、そうなさってますよ。」

*************************************

ステレオタイプだと憤慨する向きもあるだろうけど、一理あるでしょ?

2 thoughts on “皆さん、そうなさってますよ

  • April 17, 2011 at 2:19 am
    Permalink

    そのジョーク、アメリカ人には「ちゃんと保証します。」、というバージョンもあったような。

    Reply
    • April 17, 2011 at 1:34 pm
      Permalink

      「保証つき」で、さらにその保証のfine printをめぐって争うのがアメリカ的かもしれませんね。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.