トッカータとフーガ

Twitterでオルガンのことをつぶやくと結構反響がある。パイプオルガンに興味ある人って思いのほか多いらしい。

さて、オルガンといえばバッハ、バッハのオルガン曲といえば真っ先に思い浮かぶのが BWV 565 のトッカータとフーガ。(チャララ〜ン、チャララララン、ラ〜ンってやつ。ウィキペディアの該当ページで聞けます。)しかしこれには偽作疑惑があるらしい。一説によると、元は d moll のオルガン曲ではなく a moll のヴァイオリン曲だったのを、後世の作曲家がオルガン向けにアレンジしたのではないかと。疑惑の根拠の一つは、バッハのオルガン曲にしては構成が単純すぎるということらしい。たしかに楽譜を見ればよくわかるが、ペダルが動いている間は手は休み、とか、バッハにしては妙に弾き手に優しい構造になっている。基本的にバッハの鍵盤楽曲というのは、単純そうなセクションでも弾き手は一瞬たりとも気を抜けない意地悪なのが普通なので。

このヴァイオリン版、なんと YouTube で聞けます。 Vanessa Mae とかのポップ的ヴァイオリンじゃなくて、バッハ偽作説に基づいて再構築された a moll のやつが。聞いてみるとこれは元々ヴァイオリン曲だったという説が妙に信憑性を帯びてくるように思えるのですが、どうでしょう?

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.