ヒ素バクテリアのこと

NASA が「われわれの思い描く生命体の常識を覆すような全く新種のバクテリアが見つかった!」とニュース発表したあと二三日は、 Twitter のわたしの timeline はこの話題でもちきりだった。「このように科学の常識が覆されると、教科書を書き換えなくてはならない。紙の教科書では対応が間に合わない。やはり電子教科書を!」とかいう意見も多かったように思う。

わたしは当日に興味本位で Science のサイトでちらりと元論文(このリンクは Science Express のものなので、正式に紙面に発表されたらリンクが切れる可能性大。 DOI: 10.1126/science.1197258 で検索すると恒久的に見つかるはず。)を見たのだが、「これってリン (P) のかわりにヒ素 (As) を入れた培地でも生育できるってことは証明してるけど、本当に DNA のバックボーンが As で出来てる、とか、 ATP の代わりに ATAs を使ってる、とかそんな直接証明は全然ないやん。」というのが正直な感想だった。そのことでブログを書くかなあ、そのためには、ペーパー流し読みやなくて、ちゃんと読まなあかんなあ、でもこんな(普通の人にはどうでもええようなことに)水を差すようなこと書いてもしょうないかな、と思ってたら、世界中には同じようなことを思った人が山ほどいたらしく、今週の Nature News に論点のまとめが出ていた。

わたしはバクテリアに関しては単なるユーザー(実験を進める上で、大腸菌を使うことがしばしば必要になる)で、「微生物学」は専門ではない。専門家とユーザーの違いというのは、たとえばエクセルというプログラムを実際にプログラミングする人と、関数やマクロは使える程度の末端ユーザーくらいと思っていいだろう。その末端ユーザー的視点からデータを見た場合、妙にハイテクなデータとローテクなデータが混在していたのが最初の驚き。現在の微生物学業界でどの程度のデータの精度が要求されるのかよくわからないのだが、たとえばフェノール抽出で同位体ラベルした核酸とタンパクを分離する、などという実験方法でプロを納得させられるのか? Chargaff とか Avery とかの時代じゃあるまいし?(そういや Chargaff や Avery の元論文、読んだことなかったな。原典にあたらずにこんなことを書くのは反則だが。)あとの方に出てくる X-ray 何たら解析とかいうのはわたしの理解の範疇を越えるハイテクデータだが、どうもデータが回りくどいように思える。普通の mass spec で DNA にヒ素が入ってるか、直接測れるはずだけど?

Nature とか Science とか、実は一部では「週刊誌」と呼んでいて(実際週刊だし)、センセーショナルだけど信憑性に疑問のあるペーパーが定期的に出るんだよね。このペーパーの原著者の方は、「これはちゃんと peer review を通ったペーパーなんだから、文句があったら(ブログやメディアなんかでワイワイ言ってないで、 peer review を受けた反対意見のペーパーで)正々堂々と勝負しろ」と言い、これに対して懐疑派は「派手に記者会見までやってマスコミを騒がせたのは自分らの方じゃないか」と憤慨してるとのこと。

わたしの結論: とりあえず現段階では教科書を書き換えるには時期尚早だろう。

4 thoughts on “ヒ素バクテリアのこと

  • December 12, 2010 at 10:55 pm
    Permalink

    「普通の人にはどうでもいい」というか、難しすぎる… ^^;)  「ヒ素バクテリア」の時点でめげた人が多いかも…

    Reply
    • December 12, 2010 at 11:23 pm
      Permalink

      投資とか金融関係のブログに、「どの程度の人がこれを読むんだろう?」と思うような業界ジャーゴンいっぱいの記事がありますでしょ?わたしにはそういった記事が良い記事なのかどうか判断しかねるのですが、世間のムードを知る指標の一つ、くらいに思って、ときどきそういうブログを見物に行きます。まあ、それの生物学版だと思ってやってください。

      Reply
  • December 15, 2010 at 4:57 am
    Permalink

    Scienceに載るってことは、ゴルフでいうとマスターズに出るって言うくらいのすごさと思ってるけど、それは言いすぎ?
    信憑性に欠けていても、ScienceやNatureにとりあえず載ることを狙っている人は多いと思うけど~

    Reply
    • December 15, 2010 at 12:48 pm
      Permalink

      ゴルフははっきり点数で出るけど、論文は審査員の主観がいっぱい入るので、むしろフィギュアスケートの点数みたいなもんです。どれだけジャンプが上手でも、見た目が全然華やかじゃなかったら、メダル取っても世界的アイドルになれないとか、ね。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.