Long-Term Care Insurance その2

さて、「その1」の最後に書いた、長期介護保険の掛け金値上げの問題である。

この記事によると、大手の保険会社が、長期介護保険の新規加入の受付を停止したり、保険料の大幅値上げをしたりしているらしい。別の調査によると、過去10年間に、業界トップテンに入るような大手保険会社11社が、長期介護保険市場から撤退したとのことである。

以下はわたしの素人判断だが、これらのデータが共通して意味することは、保険会社にとって、現在の長期介護保険は儲からないということだろう。

アメリカの保険会社は利益を追求する私企業であり、慈善事業でないのだから、儲からないことはやらない。

これもわたしの素人理解だが、保険会社というのは、加入者から掛け金を集め、予想される保険の給付額に相当する部分と、会社を経営するのに必要な経費を除いて、残りの部分を投資に回す。だから保険が儲かっていないとすると、掛け金が低すぎるか、給付額が予想以上に多いか、投資のリターンが悪いか、原因はごく限られているはず。

投資のリターン、これはこの不況、低金利状態では良くないことは容易に予想される。給付額は、不景気にもかかわらず医療費は値上がりを続けているから上昇せざるを得ない。以前は介護保険はナーシングホームのみに適用され、ナーシングホームに入った人は、ほとんどが2、3年のうちに亡くなったので予想が比較的容易だったようだが、最近の介護保険は assisted living や自宅での介護にも適用されるので、給付額の予想が複雑になっているらしい。さらに、長期介護保険はたいてい掛け捨て型で、加入したものの途中で解約した場合、それまでの掛け金は保険会社にとって純利益となるのだが、この中途解約者の割合が、保険会社の当初の予想よりもずっと低いらしい。これらの諸条件があいまって、現在のビジネスモデルでは長期介護保険は儲かっていないのだろう。

新規加入を止める保険会社も、現存の顧客に対しては当初の契約通りに保険金を払うと言っているが、人口の高齢化、医療費の高騰が続くにつれて、長期介護保険のビジネスモデルが大きく変わる可能性があると思う。健康保険改革法案中の介護保険の与えるインパクトも考慮しなければならないだろう。

Long-Term Care Insurance その1

人口の高齢化は、多くの社会で避けて通ることのできない問題となっている。年をとって介護が必要になった場合、どのようにして適切なケアを受けるか — アメリカでは必要な費用をカバーするために、長期介護保険 (Long-Term Care Insurance) というものが売られている。

11月は Long-Term Care Insurance Awareness Month とかいうことで、それに関する記事が New York Times にいくつか出ていたので紹介する。

その1 介護に関する9つの誤解

  1. アンケート調査の結果によると、回答者の37パーセントがメディケアで介護費用がカバーされると思っていることが判明した。しかしこれは間違いである。確かにメディケアはナーシングホームのある種の費用をカバーするが、長期介護はカバーしない。
  2. 介護が必要となる確率。65歳以上で、長期介護保険をかけている人が、実際にこの保険を利用する確率はおよそ45パーセント。いったん介護を受けはじめると、3年以上介護を受ける確率は13.9パーセント。5年以上となる確率は4.3パーセントだそうだ。
  3. 自分の貯蓄で賄えるか?現在、ナーシングホームで個室に入ると、一日平均$299かかるそうだ。つまり一年で$83,595。最低これだけのキャッシュフローがなければ、保険なしでやっていけないということですね。ちなみに、この値段はこれから毎年5パーセントずつ上がるものと予想されている。自宅にヘルパーさんに来てもらう場合は、一時間あたり平均$21。
  4. メディケアではなく、メディケイドになると、ナーシングホームの費用がカバーされる。しかし、メディケイドの適用を受けるには、財産のほとんどを使ってしまう必要があるし、すべてのナーシングホームがメディケイドの患者を受け入れるわけではない。
  5. 子供にケアをしてもらう。親をナーシングホームに入れることを良しとしない文化もあるが、一般的に言って、大人のケアというのは大変なものである。
  6. 子供に介護費用を出してもらう。費用のことは前もってはっきりと話し合って、ちゃんと書面にしておかないと、とかくトラブルの種になる。その時点では金銭的に余裕があると思っていても、リーマンショックのときにように、あっという間に資産が激減することもある。
  7. 政府が面倒見てくれる。健康保険改革の一環として、一種の長期介護保険を政府が提供することになっているが、このプランの開始は早くて2012年。将来的にこのプランがどのように運営されるかは今のところ不明。
  8. 現在のコスト。一般的な長期介護保険の2010年前半期の掛け金は、年間$2180。この不景気の中、決してお安くない。
  9. 将来のコスト。実は長期介護保険の掛け金は、大幅な値上げに直面している。この詳細はその2へ。

ソロデビュー(!)

11月22日は音楽の守護聖女、聖セシリアの日。うちの教会はその名も聖セシリア大聖堂 (St. Cecilia Cathedral) なので、この日には毎年聖歌隊を中心にコンサートを行う。今年は21日が日曜日なので、日曜日の午後にコンサートが催された。

例年、演目の中心は、オーケストラ伴奏付きの合唱曲。昨年はヴィヴァルディのグロリア、今年はモーツァルトの Missa brevis in D Major (YouTubeはこちら。わたしたちが使ったのとは楽譜が少し違うし、テンポはうちの方がう〜んと早い。)だったのだが、なんと昨日の朝になってソリストの一人(外部のソリストではなく、聖歌隊員の一人)が風邪でダウン。朝の九時半のミサの後で突然、「あなた、ソロ歌わない?」ということで、にわか仕立てのソリストになってしまった!

教会でソロで歌うよりも、オルガンデビューする方が先だろうと自分で勝手に信じていただけに、この思いがけない展開にちょっとびっくり。歌というのは楽器に比べるとすごく naked な感じがするのが辛い。それに、ソロの部分はいちおう練習中ずっと譜面は追っていたものの、実際の入りはぶっつけ本番という厚かましさ。いちおう何とかコケずに最後まで歌うことができた(と自分では信じてる)ので、良かったことにしておきましょう。

教訓 舞台用の黒い服は夏用、冬用一着ずつくらい持っていても無駄にはならない。

寄付を募る自治体

長引く不況に悩むミシガン州(自動車産業への依存率が高いミシガンは、この10年以上、慢性的に不況)のある市では、予算の赤字を埋めるため、課税対象外である教会や病院、学校などに「寄付のお願い」の手紙を出したらしい。(NYTより。)この市では、面積の42%を非営利団体や公共機関が占めるため、その分、固定資産税による収入が少ない(アメリカの地方自治体の主要財源は固定資産税)。

「税金を納めない非営利団体も、市が提供する消防、街灯、市道などは利用してるのだから、寄付くらいしてくれてもバチはあたらないでしょう。」というのが言い分らしい。

ここでふと思ったのが、日本の「ふるさと納税」という制度だが、アメリカにふるさと納税制度を導入したら定着するだろうか?それとも、同じ控除なら、税金よりもチャリティへの寄付の方がいいと思うのが、アメリカ人気質なのだろうか?

Snow!

昨日の夕方、オルガンの練習を終えて建物から出てきたら、なんといきなり雪が積もってた。去年の初雪は10月だったから、それよりは一ヶ月遅い。天気予報では、「雪になるかもしれない、なったとしても積雪は1インチ程度」ということだったが、実際には湿ったボタ雪が4インチ程度。久しぶりの雪道運転は、ちょっと不気味。ちなみにプリウスは寒くなるとテキメンに燃費が落ちるし、そもそも雪道が得意ではない。これはカリフォルニア向けに開発された車なんだろう。

朝にはもう降り止んでいたけれど、溶ける前に裏のデッキに積もった雪を写真に撮ってみた。

日本からの送金

事情で日本からアメリカに送金する必要があったので、どうやれば一番お得なのか、ちょっと調べてみた。折しも現在は15年ぶりの円高。日本円をドルに換えて送金する側にとっては、非常に有り難いことである。

日本からアメリカに送金する場合にかかる手数料は、為替手数料、送金手数料、受け取り手数料の三つ。あちこちのサイトで調べた結論から言うと、

「送金方法をいくら工夫しても, 為替相場がちょっと動けば, 節約した手数料は吹っ飛びます」

とのこと。それを念頭においた上で、金額別に手数料を試算しているサイトを見つけた。これによると、ちょっとまとまったお金(50万円とか100万円とか)を送るには、FXのインターネット口座で円をドルに換えて、それを自分の外貨預金口座にドルで振り出して、そこからアメリカの口座に送るのがよいようだ。だけど、すでにFXの口座や日本国内の外貨預金口座を持っているならいいのだろうけど、口座を開くところからやらなきゃならない場合は、手続きしているうちに為替が動く危険もある。そもそも、日本国内に住んでない人が、日本のこういった口座を開けるのかどうかもよくわからない。

とういうわけで、わたしは今回はこのような複雑な経路で送金することはあきらめたけれど、興味のある方は調べてみてください。