Young Fundraiser

昨日、学部長の秘書さんがオフィスにやってきて、「ちょっとお願いがあるんだけど」というので何事かと思ったら、実はドナー(寄付をした人)とその家族が来るので、時間があったらラボを案内してほしいとのこと。

うちの大学は州立大学だが、州の予算からの拠出金は予算のごく一部に過ぎず、(二年前のデータによると全体の4分の1)、残りはグラント、病院収入、それから寄付などで賄われる。

ポスドクの時は直接経験することはなかったのだが、いったんfacultyになると、どこの大学でも何らかの形でドナーとの交流を経験することになる。いちばんよくあるのは「ラボ見学と研究内容の簡単な紹介」だが、ドナーと少人数で食事に行ったこともあるし、大人数のパーティー形式(日本で言えば結婚式の披露宴みたいな感じ)も定期的にある。

オマハは地方都市だが、相当数の「バークシャー長者」(バフェットのバークシャー・ハサウェイに早期から投資してた人)が今でも地元に住んでおり、町の規模の割にはドナーベースは大きいらしい。

さて、昨日のVIPはどんな人だったかというと、なんと10歳の女の子だった。なんでも大分以前におじいさんが癌でうちの大学病院にかかったそうだが、治療がうまくいって今も元気で一緒に魚釣りに行ってるとのこと。大好きなおじいさんを助けてくれた大学病院にお礼をしたいと思って、60ドルちょっと寄付したのだという。

彼女がどのようにして60ドルもの大金を集めたのか聞きそびれたが、アメリカで多いのは家の手伝いをして小遣いを貯めるとか、レモネードを売るとかいうパターン。見た目は普通の家庭の普通の小学生だったから、おそらく彼女の寄付金集めの手段もそのようなものだったにちがいない。

研究内容を紹介すると行っても、相手が大人ならともかく、10歳の小学生では「細胞」とか「タンパク質」とか言っても面白くないかもしれない。何がいいかと考えた末に、適当に見た目がきれいそうな組織標本を取り出して、それを顕微鏡で見せることにした。

かくしてYoung Fundraiserは高額(?)寄付のお礼に、学部長のところでクッキーを食べ、うちのラボで顕微鏡を覗くという特別待遇を受けて帰って行ったのだった。

8 thoughts on “Young Fundraiser

  • September 2, 2010 at 12:17 pm
    Permalink

    いい話ですね。こうやってアメリカの子供たちは小さいうちから寄付という考え方に慣れていくんでしょう。大学も将来、高額ドナーになってもらうのを期待してたり(!?)

    Reply
    • September 2, 2010 at 10:16 pm
      Permalink

      Nobuさん、

      >大学も将来、高額ドナーになってもらうのを期待してたり
      わたしも実は同じことを考えて、秘書さんと「30年後には60 millionだね。」と話してました。

      寄付も大事ですが、サイエンス、研究というのはどうしても一般社会からかけ離れた存在だと思われがちなので、何かがきっかけになって研究に興味を持ってくれるとうれしいです。

      Reply
  • September 2, 2010 at 1:45 pm
    Permalink

    10歳の子には60ドルはかなりの高額ですよね(25ドル寄付した下記の卒業生より多い!) その子に寄付者としてちゃんと対応した大学もすごいですね。
    先週、こんな記事読みました: 大学が新入生からも寄付金集め
    http://www.huffingtonpost.com/2010/08/26/colleges-see-prospective-_n_695206.html
    学費の値上がりがすさまじいのに、入学前から寄付金まで求められる大学生を気の毒に思います。(コメントもほとんどが怒りのコメント。)

    Reply
    • September 2, 2010 at 10:23 pm
      Permalink

      o-yaさん、

      うちは引っ越しするときに最低限必要なところしか住所変更を出さないのに、寄付を募る手紙はこちらから何の連絡もしなくても真っ先に新しい住所を嗅ぎ付けるようです。うちの同居人の出身校ももちろん。でも、税金で無駄遣いされるよりは、自分が援助したい所に寄付する方が達成感がありますよね。

      前にも書いたことがありますが、うちの大学は職員にも寄付のお願いレターを送ってきます。もらった給料を返せってことかい、とちょっと複雑な気分です。

      Reply
  • September 4, 2010 at 8:38 pm
    Permalink

    ほほえましい、いい話ですね。
    社会と大学が自然に交流しているというのがすばらしいです。

    Reply
    • September 5, 2010 at 12:45 pm
      Permalink

      Poisonous_Radioさん、
      どうもコメントありがとうございます。大学と地元の関係というのはどこも一筋縄ではいかないのですが、こういう小さな善意の積み重ねが続くといいなと思います。

      Reply
  • September 5, 2010 at 2:56 am
    Permalink

    そのうち、寄付金が天引きになるかも!

    Reply
    • September 5, 2010 at 12:49 pm
      Permalink

      o-yaさん、
      すでにあります、寄付金の天引きシステム。こちらから申し出れば、健康保険料やリタイアメントアカウントへの拠出分と同じように天引きしてくれます。W-2にもその分がちゃんと反映されてくるので、確定申告のときに寄付金を控除し忘れる心配もありません。やれやれ。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.