年収25万ドルを越える家庭は本当に裕福か?

シカゴ大学の法学部教授が、「ブッシュ減税が期限切れで失効し、オバマが常々言ってるように、夫婦で所得が25万ドルを越える家庭は増税することになったら、自分たち夫婦は非常に困る。」旨のブログを書いたところ、経済関係のメジャーどころに取り上げられて大炎上。あげくのはてに本人は当該エントリーを削除し、ブログ断筆宣言まで出すはめになったそうである。
(日本語ではこの記事が詳しい。)

本人は「夫婦合わせると25万ドルのカットオフを越える」としか書いていないが、この記事を引用、批判した他のブロガーの試算では、夫婦の収入は合わせて45万ドル。(本人は後にこの数字を否定。)

元記事はもう削除されており、他所に引用されたものでしか読むことはできないが、まあ、25万ドルを越える収入があるのに、ブログみたいな公の場で大学教授が「お金がない」と書くのは、やっぱりその判断に誤りがあったと言わざるをえない。(アッパーミドルクラスは入るお金が増えた分、出るお金も多くなるから、気持ちはわからんではないが。)

元記事を批判する側も問題がないわけではない。自分の論点を強調するために、とかく推定年収をできるだけ高く設定しようという魂胆が丸見え。上にリンクを貼ったブログの記事では
* $60,000 in student loan payments
* $40,000 is employer contributions to 401(k) and similar retirement savings vehicles
* $15,000 is employer contributions to health insurance
* $60,000 is untaxed employee contributions to tax-favored retirement savings vehicles
* $25,000 building equity in their house
* $80,000 in state and federal income taxes
* $15,000 in property taxes
* $10,000 for automobiles
* $55,000 in housing costs for a $1M house (three times the average price in the Hyde Park neighborhood
* $60,000 in private school costs for three children
* $35,000 in other living expenses
と試算しているが、これを見てわかるよう、リタイアメントプランや健康保険の雇用主負担分も収入に入れて計算してるし、シカゴのハイドパーク地区の平均住宅価格の3倍の値段の家に住んでいる、というのも意地の悪いコメントだ。(ハイドパーク地区の平均住宅価格が30万ドルくらい、というのは、コンドミニアムを含めてのはず。)

しかし、夫婦合わせてstudent loanが50万ドルあるというのは相当痛いだろう。(法学部教授の奥さんは医者だそうだ。)NIHは医学部出身者を研究の道に勧誘するため、研究に進んだ医者のstudent loan免除プログラムを施行しているが、私大医学部の卒業生のかかえるstudent loanは、NIHが払ってくれるくらいの額(一年につき3万5千ドルまで)ではあまり足しにならないらしい。

(しかし、この元記事の教授、ちゃんと計算したわけではないが、合計45万ドルはないというのは本当だろうし、student loanやらmortgage interest やらいろんな控除入れたらtaxable incomeは25万ドル未満なんじゃないかという気がしてならない。)

固定資産税の内訳

アメリカの固定資産税の額を言うと、日本ではびっくりされるようだ。わたしは日本では不動産を持ったことがない(いや、名義上はあるけれど、実際に税金を払ったりする立場になったことがない)ので、固定資産税とはこんなものだと思ってたのだけど、ちょうど地元の新聞に固定資産税の内訳が載っていたので、ご紹介。

評価額15万ドルの物件に対して、(どうです、オマハの一戸建ての値段って、このあたりが普通です。)

  • 郡(税金のうち、郡の取り分、という意味) $367.79
  • オマハ市 $713.81
  • オマハ学区 $1823.58
  • コミュニティーカレッジ $127.5
  • ラーニングコミュニティ(新聞で見た覚えがあるけれど、中身はよく知らない) $7.5
  • 第19教育サービスユニット(よう知らん。なんか共産圏の青少年団体みたいな名前やな。) $22.5
  • 市・郡建築委員会 $19.5
  • 交通局(バスを運営してる) $70.11
  • ミズーリ川開発機構(と思う) $49.13

合計 $3201.41
ここから州のタックスクレジットを引いて
最終税額 $3078.08
これが2009年の額。2010年はこれが2.4 %上がるらしい。
元サイトはこちら。どうです、不動産そのものは安いけど、税率はすごく高いでしょ?

これを見てよくわかったのだけど、教育関係が3分の2を占める。つまり、うちみたいに子供もいない、コミカレにも行ってない家庭は、取られっぱなし!他所の子の教育費を払ってやってるわけだ。近所のガキどもは、我が家の方に足を向けて寝ないように。

うちの同居人はself unemployedなので、収入的にはフードスタンプがもらえる基準を満たすらしい。こんな数字を見ると、やっぱりフードスタンプでももらって、ちょっとでも税金を取り返してやろうかと思ってしまう。

Young Fundraiser

昨日、学部長の秘書さんがオフィスにやってきて、「ちょっとお願いがあるんだけど」というので何事かと思ったら、実はドナー(寄付をした人)とその家族が来るので、時間があったらラボを案内してほしいとのこと。

うちの大学は州立大学だが、州の予算からの拠出金は予算のごく一部に過ぎず、(二年前のデータによると全体の4分の1)、残りはグラント、病院収入、それから寄付などで賄われる。

ポスドクの時は直接経験することはなかったのだが、いったんfacultyになると、どこの大学でも何らかの形でドナーとの交流を経験することになる。いちばんよくあるのは「ラボ見学と研究内容の簡単な紹介」だが、ドナーと少人数で食事に行ったこともあるし、大人数のパーティー形式(日本で言えば結婚式の披露宴みたいな感じ)も定期的にある。

オマハは地方都市だが、相当数の「バークシャー長者」(バフェットのバークシャー・ハサウェイに早期から投資してた人)が今でも地元に住んでおり、町の規模の割にはドナーベースは大きいらしい。

さて、昨日のVIPはどんな人だったかというと、なんと10歳の女の子だった。なんでも大分以前におじいさんが癌でうちの大学病院にかかったそうだが、治療がうまくいって今も元気で一緒に魚釣りに行ってるとのこと。大好きなおじいさんを助けてくれた大学病院にお礼をしたいと思って、60ドルちょっと寄付したのだという。

彼女がどのようにして60ドルもの大金を集めたのか聞きそびれたが、アメリカで多いのは家の手伝いをして小遣いを貯めるとか、レモネードを売るとかいうパターン。見た目は普通の家庭の普通の小学生だったから、おそらく彼女の寄付金集めの手段もそのようなものだったにちがいない。

研究内容を紹介すると行っても、相手が大人ならともかく、10歳の小学生では「細胞」とか「タンパク質」とか言っても面白くないかもしれない。何がいいかと考えた末に、適当に見た目がきれいそうな組織標本を取り出して、それを顕微鏡で見せることにした。

かくしてYoung Fundraiserは高額(?)寄付のお礼に、学部長のところでクッキーを食べ、うちのラボで顕微鏡を覗くという特別待遇を受けて帰って行ったのだった。