三軒目の家(7)〜決断

エバンストンの家の値段の相場というのはわりと判りやすくできていて、一口で言えば、大きくて湖(ミシガン湖)に近いほど高い。アパートから職場までの通勤路は比較的、湖に近いところだったので、これよりも東(湖側)は無理だろうなあと思いながら毎日通勤していた。案の定、通勤路の途中で見かけるFor Saleの家の値段を調べてみると、ちょっとした家で60万ドル、少し大きくなると70万ドルといった手の届かない値段ばかりだった。

それがある日、予算の45万ドルを少し上回る価格帯でサーチしていると、なんと通勤途中で見かける「あの家」が出て来たではないか!「あの家」というのは湖からたったの3ブロック、落ち着いた感じのFarm house(広告にはVictorianとあったが、あれをVictorianと呼ぶのはちょっとやり過ぎ)で、家の前には大きな常緑樹がそびえ、前庭のベンチに腰掛けた女性が子供達を遊ばせていた家である。立地条件からして絶対60万、70万ドル台だろうと思っていただけに、この価格設定はやや驚きだった。

実際に家を見ると、その値段の謎が解けた。キッチンはちゃんとリモデルされ、屋根裏にベッドルームとバスルームを新しくつけた感じのよい家だが、なんと敷地内に駐車スペースがないのである。現在のエバンストンの市条例によれば、新しく一軒家を建てる場合は敷地面積はどれだけ以上、建ぺい率はどれだけ、駐車スペースはどれだけと決まっているが、この条例ができる以前に建った家には条例は適用されない。だからアメリカの郊外のくせに駐車スペースのない家などというものが未だにまかり通ることになったのである。(家を壊して建て直そうとすると条例に沿って建てねばならないので、実質的には家は壊せないことになってしまった。)

偶然とはおもしろいもので、ちょうどこのとき、この家の隣の、構造的にほぼ双子ともいえる家も同じくらいの値段でFor Saleだった。双子の方はslumlordが学生相手に部屋を貸している物件で、骨組みはしっかりしているけれど内装はめちゃくちゃ。大勢の学生(3ベッドルームに加えて屋根裏、地下に二人ずつくらい入れてたから、合計7人か?)が出たり入ったりすることに近所の目がうるさくなり、嫌気がさしたslumlordが売りに出すことにしたらしい。ただこちらは駐車スペースという大きな特典があった。しかしここに人間が住むには相当改装費がかかるだろう。

さて、駐車スペースを取るか、改装済みのキッチンを取るか。

文句の多い同居人は改装済みのキッチンを選んだ。

8 thoughts on “三軒目の家(7)〜決断

  • February 23, 2010 at 12:42 am
    Permalink

    おお、駐車スペースはあきらめましたか!でもその価格差があれば納得です。

    Reply
    • February 23, 2010 at 9:00 pm
      Permalink

      うちの同居人はパーキングには非常におおらか(=平気で違反する)なので、パーキングなしというのは心配だったのですが、でもお値段との兼ね合いが。。。これは後々、尾を引きました。

      Reply
  • February 23, 2010 at 6:32 pm
    Permalink

    Burned outのslumlord相手に価格はたたけなかったでしょうか。私は自分で改装したい派。

    Reply
    • February 23, 2010 at 9:07 pm
      Permalink

      後になって知ったのですが、slumlordのところには転売投資家(2年住んでowner occupiedとして転がし続けるタイプ)がfull priceに近い値でオファーをしていたのです。こっちを選んでたらbidding warになってslumlordの思うツボにはまってたかもしれません。
      あと、同居人、自分で改装したがるんですよ。自分でやり始めるのはいいんだけど、いつまでたっても完成しない。業者を入れると気に入らないことだらけで絶対に話がまとまらない。Permitを取らないから市役所にチクられたら面倒。だからできれば改装は避けたかったんです。

      Reply
  • February 24, 2010 at 10:52 pm
    Permalink

    「いつまで経っても完成しない」というのよくわかります。転売物件とか賃貸物件だと期限・出費があるので急いでやりますけど、自宅だと期限はないし、別にしなくても生活していけるし、ウチも売る寸前まで完成しないかも…

    Reply
    • February 24, 2010 at 11:35 pm
      Permalink

      o-yaさんのようなプロでも、自宅はやっぱりそうですか!同居人は今の家では、庭をいじって遊んでいます。庭なら未完状態が長く続いてもそれほどわたしは気にならないので、気分的にはちょっと楽です。(売るまでには完成させてね。完成させられないのなら、掘り返した部分全部埋めて、芝生に戻してね。)

      Reply
  • February 25, 2010 at 3:25 pm
    Permalink

    ウチすごいですよ。相方のバスルーム(BA)は床はカーペットだったのですが、それはbird miteに襲われた08年に除去。それでsubfloorの上にブルーのtarpを敷いて、1年以上が過ぎ… 昨年はシンクが水漏れしていたので、faucetを取り外したものの、下のパイプが何十年前のもので、そのサイズがない!だから、もう半年くらいそのシンクを使えず、相方は毎回バスタブで手を洗っています。別に平気みたい。(歯磨きのときに私のBAを使うのが、私はイヤ!)ホント、メカニックが自分の車を直すのは最後というのと同じで、ウチも賃貸の修理ばかりして、自宅は最後。ちょっとのことですぐに文句を言うテナントらに、ウチのこの状況を見せてやりたい。

    Reply
    • February 25, 2010 at 10:13 pm
      Permalink

      >ちょっとのことですぐに文句を言うテナントらに、ウチのこの状況を見せてやりたい。

      ほ〜んと。自分の家だったら、このトイレは使えないとか、このgarbage disposerにあまりゴミをたくさん流すとつまるとかわかってるから、なるべく修理を呼ばなくていいように加減して家を使いますけど、貸家だったら何かあったら大家に電話一本、アプライアンスは全部動いて当たり前、の世界ですよね。そう考えると、家は借りた方がずっと楽かも。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.