寄付に対する考え方

少し前のTwitterの発言に、「バフェットみたいな金持ちは、さんざん金を儲けて最後はそれを寄付に回すようだが、どうせ寄付するくらいなら最初からそんなに金を儲けなければいいのに」という主旨の発言があった。(のちにこれはホリエモン氏の発言であることが判明。)

この発言を読んで、なるほど日本では(と一括りにしてしまうのも問題だが)では寄付っていうとその程度に思われてるんだな、となんとなく妙に納得するものがあった。

うちの日本の家族の寄付に対する考え方などを見ても、寄付したお金は自分のコントロール外にあると思っているようだ。だから町内会の募金が回って来ても、ほとんどの人が無視するという。自分で使途をコントロールできないお金は税金だけでたくさんという思いなのだろう。

アメリカでは、とくに多額の寄付をする人たちは、金も出すけれど口も出す。自分が納得できる目的のためにしか寄付を出さないし、既存の団体で満足できなければ新たな組織を作ってチャリティに励む。税金なら使い道を限定することはできないが、同額のお金を自分が主催するチャリティ団体に寄付すれば、自分の気に入るように使わせることができる。(ベトナム戦争中に反戦主義者たちは国防費に相当する部分の税金を割り引いて納税することを試みたが、結局皆裁判に負けて、追加納税させられる羽目になった。)

寄付をもらう側は、ドナーを納得させるよう、これはこれで結構エネルギーを費やす。大学の研究施設というのはお金をもらう方の立場だから、ときおりドナーの見学ツアーやディナーパーティーがある。シカゴにいた頃は、上司のポジションをサポートしていたお金持ちご一家とランチに呼ばれたこともある。(なんでもそのご一家は夫婦そろって某有名投資会社の重役だったのが、親戚ががんと診断されたのを機にリタイアし、投資会社時代に荒稼ぎした資産と経営手腕をチャリティの経営に向けているということで、お子様方のナニー連れでお出ましになった。)

寄付に任せておくと、特定の分野にばかりお金がいってしまうという批判はもちろんある。たとえば、同じがんでも乳がんは寄付が集まりやすいが、肺がんは(がんになるのは喫煙が原因であることが多いから、自業自得だということで)お金が集まり難いという。しかし寄付の背後にあるメンタリティを知ることなしに、アメリカの寄付を理解することはできないと思う。

4 thoughts on “寄付に対する考え方

  • February 21, 2010 at 8:22 am
    Permalink

    こんにちは 初めまして
    へろと申します。
    私は、寄付は好きですが、(大したお金を寄付するわけでもないけど)「バフェットみたいな金持ちは、さんざん金を儲けて最後はそれを寄付に回すようだが、どうせ寄付するくらいなら最初からそんなに金を儲けなければいいのに」という考え方はちょっと…好きになれないですよね。
     寄付っていうのは、ある意味、気持ちがこもっているから、自分が良いようにコントロール出来る(もしくは信頼できるところに託せる)というのはいいんじゃないでしょうか?
     私がしたくても出来ない(例えば、ハイチの大地震の被災者の看護とか救済)事を代行して行ってもらえると考えたら寄付というのは悪くないものだと思うんですけど… 税金、たんまり持っていかれるより、寄付して、たんまり救われて欲しい(爆)です。 
     だから、お願いです。税務署さん、もっと寄付控除枠増やしてください。

    Reply
    • February 21, 2010 at 8:54 pm
      Permalink

      へろさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      寄付は目的がはっきりしてる。そう、おっしゃる通りです。(あやしげな団体もたくさんあるけど。)税金に持って行かれたら、何に使われるかコントロールできませんからね。
      へろさんは日本にお住まいですか?妹が日本では寄付に対する控除が少ないと嘆いております。(嘆くほど寄付するわけじゃないんだろうけど、控除があるのとないのとでは、気分が違うということでしょう。)

      Reply
  • February 21, 2010 at 9:25 pm
    Permalink

    税制も大いに関係あると思うのですが、私は、あと日本の場合、これまで貧富の差が小さかったので、富の再配布が必要ではなかったことも要因かと思っています。(「富の再配布」なんていう言葉を使うと保守派に袋叩きにあうのだが。オバマが”Spread the wealth”と言ったときの地元の不動産投資家らのリアクションはすごかったです。)
    それと、昔、中国人に「日本人は寄付をする(だったか)、弱者を助ける(だったか忘れた)から偉い。中国人にはそんな感覚はない」と言われたことがあるのですが、社会が熟す必要もあるかと。経済的に貧しい国から富んだ国へと進む経済成長期には、人のことまでかまう余裕がない?

    Reply
    • February 22, 2010 at 10:11 pm
      Permalink

      日本はこれまで貧富の差が小さかった、たしかにそれは言えますね。だから鳩山さんちのお母さんが、息子たちに毎月1500万だったかのお小遣いをくれるという話に皆がびっくりするわけで。アメリカでは誰もそういう話を具体的には出してこないけど、ブッシュさんちやケネディさんちでは、毎月みんなものすごいお小遣いをもらってるんだと思います。あのレベルだとcapital appreciationなんか関係なくて、bondで2〜3%の利率で手堅く回しても十分おつりがくるとか。
      日本はアメリカ型のDog eats dog社会に馴染めるとは思えないから、違った方向に社会を成熟させる必要があると思うのですが、どうもその方向性が見えてないようで心配です。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.