Property taxの行方を発見

先日、2009年度の1098からproperty taxの半分が消えていると騒いだが、ようやく行方を発見。問題(ではなく、わたしの思い違いだと向こうは言う)はリファイナンスだった。

ローンオフィサーのおばちゃんが言うには、1098の記載されるproperty taxというのはescrowから支払ったものだけで、わたしの昨年度のproperty taxの半分はescrowからの支払いではないのだそうである。

もっと詳しく言うと、うちのcountyのproperty taxの支払いは3月末と7月末。わたしが前のローンをリファイナンスしたのは2月末で、新しいローンの第一回支払いは4月1日だったので、3月末のproperty taxの支払いは古いローンと新しいローンのちょうど狭間に当たることになった。そこで古いローンを閉じるときに同時にわたしがproperty taxを払ったことになっているのだそうである。

もしかするとリファイナンスのクロージングのときにproperty taxのことを言われたかもしれないけど、だけど正直な話、こっちはそんなの全く覚えてない。でもクロージングのステートメントを見ると、確かにproperty taxのpayoutがなされているし、county treasurerのサイト(今日はちゃんと動いてた!)で見てもproperty taxに払い遅れはない。

だから!1098には半期分のproperty taxしか記載されていないけれど、これでわたしはauditを恐れることなく一年分のproperty taxを全部控除することができるのである!よかった〜。

で、ローンオフィサーのおばちゃんに頼まれたので、ここで宣伝しておきます。オマハエリアで家を買おうと思ってるあなた、リファイナンスしたいと思ってるあなた、ご一報ください。このおばちゃんが顧客募集中です。

2 thoughts on “Property taxの行方を発見

  • January 26, 2010 at 11:31 pm
    Permalink

    なるほど。私も2年前にDuplexを買ったときに、その状態だったのですが、私はQuickbooksに支払履歴を基に入力しているので気がつきませんでした。一応、1098と照合はするのですけど。TXは、郡によって、金利なしで二回に分割して支払っていいところがあって、そうすると1回目を11月末までに払えば、2回目は6月まで払わなくていいんです。それで、ひょっとして、分割払いしたのかな、とも思ったりもしたのですが、全額分escrowに入っているなら2回に分けて払う必要ないですもんね。とにかく、よかったですね、ちゃんと支払われていて。

    Reply
    • January 27, 2010 at 11:03 pm
      Permalink

      Escrowにしてるから1098で一年分のsummaryが見られると気楽に構えていたのが敗因(?)でした。自分でチェックを切るとしつこく覚えていますが、クロージングの山のような書類の一部として処理されると忘れます。やっぱりなるべく早い機会にescrowをなくしたいものです。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.