California旅行ーその5

今回のCalifornia旅行の一番の目的は、実は同居人の娘の結婚式でした。

結婚式は南カリフォルニアの砂漠の街、パームスプリングスの近くにあるジョシュアツリー国立公園の中で挙げるというので、旅行五日目はロサンジェルスからパームスプリングス(厳密には、その近くのデザートホットスプリングス)への移動です。

結婚式といっても、全くnon-traditionalな結婚式で、まずは式は教会で挙げない、花嫁はパパとバージンロードを歩かない、式の代りに「結婚の誓い」を交わすだけ、でその場所は野外でそれも国立公園の中、披露宴はパーティー会場ではなく、ホテルのプールサイドでバーベキュー。白いドレスを着て、教会で結婚式を挙げるのを夢見る向きからすれば、目を剥くような結婚式かもしれません。

まずは披露宴会場となったホテル。
img_0779

部屋数、十室ほどの小さなホテルで、これを三日間借り切ってパーティー会場としました。ここに泊ったのは新郎新婦とごく近しい親戚(親、兄弟)、親友のみで、他のお客は各人勝手にホテルを手配しなくてはなりません。アメリカの結婚式は、一般にご祝儀の額は日本よりずっと低いですが、交通費、宿泊費が結構かかります。ちなみに、アメリカの結婚式のプレゼントというと、ブライダルレジストリーで新カップルが希望するものをリストにしてデパートに預けるシステムを思い浮かべるかもしれませんが、このカップルはもっと現実的で、「現金レジストリー」。お祝いを振り込むための銀行口座を開きました。(最近は、どうせ使いもしない高級食器のレジストリーをするよりも、家の頭金を貯めるための現金レジストリーが隠れた人気を集めています。)

ホテルの真ん中にはプールがあり、泳いだり、昼寝をしたり、飲み食いの合間におしゃべりしたり。いたって寛いだ雰囲気の「披露宴」です。
img_0775
img_0777

写真に撮りそこねたけれど、新郎のおばあちゃん(お母さんではありません、おばあちゃんです!)もブルーの水着で参加しておられました。

結婚式場は大自然の中。
img_0747

ホテルから国立公園までは車で小一時間の距離なので、なんと大型観光バスでの移動です。

アメリカでは年々結婚式がエスカレートする傾向にあり、(昨今の不況で、ちょっとは落ち着いたか?)ウェディングプランナーを雇うカップルも多いようですが、この結婚式は完全に二人の手作り。ホテルの選定から、バスの手配、大型バーベキューのレンタル、果てはバーベキューの肉の買い出しまで、新郎新婦が奔走した成果です。

これがこの国立公園の名のもととなったジョシュアツリー。
img_0781

結婚式の翌日、再びこの国立公園に行ったときには、コヨーテを見かけました。

砂漠にかかる三日月。
img_0760

ロサンジェルスからデザートホットスプリングスまで。156マイル(251 km)。
day5

2 thoughts on “California旅行ーその5

  • September 2, 2009 at 1:37 am
    Permalink

    現代美術館でのショーに結婚式ですか。
    お祝い事続きですね。
    二度あることは三度あると言う事で、最後のお祝いイベントは、ならこの事でしょうか???

    うちの娘もようやく彼氏ができまして。。。。
    こちらとしては、早く家に取り込みたいんだけど、何せ年齢が一つしか変わらないものだから、向こうとしては結婚なんてまだまだのようです。
    娘は、私を40台でおばあちゃんにしたいそうなので、ちょっとは焦っているのかな?

    Reply
    • September 2, 2009 at 10:24 pm
      Permalink

      いえいえ、行事はこれで終わりです。手作り結婚式は楽しかったけれど、やっぱり一回で十分よねというのが我が家での一致した意見です。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.