Le mari de la coiffeuse

久しぶりの映画。オマハのような地方都市では、ハリウッド制作以外の映画を見る機会はなかなかない。わたしの知る限りで二館ほど、ハリウッドの流通経路以外の映画を上映している映画館があるけれど、必ずしもチョイスがこちらの好みに合うわけではなく、ときどきにしか行かない。これはそういった「珍品」の一つ。
Read more

Debit Cardの落とし穴

近々クレジットカードの規制が厳しくなるのに対応するため、金融機関は他の財源に目をつけているようです。今日のNew York Timesの記事によると、最近の稼ぎ頭はデビットカードのoverdraft fee。(おお!このページの広告が銀行の広告だったのは笑えました!単純なcontextual advertisementでビジネスセクションだから銀行の広告が出たんだろうけど、記事と広告の取り合わせが絶妙だわ!)
Read more

宝くじに当たったら…

アメリカの宝くじは金額が大きく、当選者不在が何回か続くと、すぐに$100 million($1 millionが約一億円だから百億円)を越える。当選者が自分の住んでいるところの近くだと、地元の新聞に当選者インタビューが載ったりするけれど、その際ほとんど必ず出る質問が、「あなたはこの後も仕事を続けますか?」
Read more