Four o’clock

四月頃だったか、水道代の請求書の中に花の種が同封されていて、「今年の夏は賢く節水しながらガーデニングをしましょう。」たら何だか調子のいいことが書いてあった。「この花は、あまり水を多く必要としません。夏の間、きれいな花が咲いて、蝶々やハミングバードが来ます。」

去年、ワイルドフラワーの種をまいたら、全く放置状態で霜が降りるまで花が咲きつづけ、夏の間は毎日、切り花を楽しむことができたので、今年もぜったいワイルドフラワーだ!と意気込んでいたものの、無料でもらった花を種を無駄にすることはない、とりあえず播いてみようとプランターに播いてみたのがこれ。種の袋にはFour O’Clockという名前の植物だとある。「四時」だなんて妙な名前だな、袋についていた写真からすると、夕顔でもないし、何だろうとクビをかしげながら時々思い出したときに水をやっていたのですが。。。

ようやく今週になって、花が咲きました。Four O’Clockの正体はオシロイバナ。

img_0357

日本では赤いオシロイバナしか見たことがないけれど、黄色もあるのね。

img_0360

この黄色の方は、もっと正面から写真を撮りたかったのだけど、そうすると植え込みの後ろに隠してあるゴミ箱がばっちり写ってしまうので、良い角度から写真を撮ることができませんでした。

本当に蝶々やハミングバードが来るのかしら?

2 thoughts on “Four o’clock

  • July 29, 2009 at 7:12 pm
    Permalink

    うちも黄色と赤色のオシロイバナが咲いています。
    面白い事に、黄色と赤の斑の花が咲くときもあります。
    何でだろう~?

    Reply
    • July 29, 2009 at 11:46 pm
      Permalink

      物の本によると、一つの株に赤と黄色の花が同時につくこともあるのだそうです。二つのプランターに二株ずつ生えているのですが、一つのプランターは赤ばかり、もうひとつは黄色ばかり。これって偶然なのか、日当りや土の酸性度の違いなのか、よくわからないけれど面白い現象です。オシロイバナなんてありふれた花だと思っていましたが、結構奥が深いですね。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.