予防接種裁判

MMR(麻疹、おたふくかぜ、風疹混合)ワクチンに使われていた成分が原因で自閉症になった、と予防接種の副作用として賠償を求めていた裁判の判決が出ました。(こちら

それによると、「ワクチンと自閉症の因果関係は認められない」とのこと。

常識的に考えれば、当然予想された判決でしたが、これによってワクチン=自閉症論者の考えが変わるとは思えません。それどころか、一部の人たちは「国は私たちを見捨てた!」とますますラディカル化することが予想されます。

この(珍)説が広まって以来、一部の「子供の健康と安全に非常に関心のある」保護者の間で子供の予防接種を受けさせない例が増えており(アメリカでは一般には予防接種を受けさせないと子供を学校にやることができませんが、「親の信条」を理由に忌避することができます。宗教上の理由による兵役免除などと同じような考えでしょう。)、麻疹の集団発生例がときどき見受けられます。

予防接種が普及して以来、麻疹の症例は激減しましたが、それだけにこの病気の恐ろしさを知らない親が増えています。わたしは元小児科医なので、麻疹の死亡例も経験しました。昔から日本では、「麻疹は子供の命定め、痘瘡は器量定め」というくらい死亡率の高い病気として知られています。ウィルス感染ですから、現在でも対症療法が中心で、自然経過で改善するのを待つしかありません。だから、「うちの子は健康で体力もあるから、麻疹くらい罹患しても平気、だから予防接種は必要ない」という意見を聞くたびにぞっとします。

アメリカの予防接種反対派の人たちというのは、非常に声高に意見を主張する人たちが多く、ネットで検索をかけるとこういった反対派の意見がたくさん出て来ます。気になるのは、日本でもアメリカのこういったサイトの意見を鵜呑みにしたような記事をときどき見かけること。誤情報の「国際化」は是非とも避けてほしいものです。

4 thoughts on “予防接種裁判

  • October 3, 2012 at 6:47 pm
    Permalink

    自閉症のことで気になっていることがあるのですが。。。あのグルテンとかカゼインを除いたダイエット流行っていますよね。 あれはどうなんでしょう?
    うちは実は長男が発達遅れているんです。ノンプロフィットからも勧められるくらい、最近プレッシャーがあって。。。
    確かにお腹がゆるいことが多いですし、小麦粉類大好きな偏食なので、とりあえず試してみるか?って話になっているのです。 一度やれば、納得するかな?なんて。
    でもちょっと懐疑的。

    Reply
    • October 4, 2012 at 10:08 am
      Permalink

      う〜ん、やっぱり「やってみて納得するのなら、試してみたら?他の栄養のバランスを崩さないように注意してね。」くらいしか言えないですね。子供の発達って右上がりの直線じゃなくて、山あり谷ありになることが多いので、食事療法とかやってるときに調子が良くなると、「あ、やっぱりこれ、効くのかな?」と思っても、証明するのは難しいですしね。あと、良かれと思っていろいろ勧めてくれるサポートグループの家族や、学校の先生たちといかに上手く付き合っていくかですね。

      Tech Mom from Silicon Valleyというブログご存知ですか?海部美知さんというシリコンバレー在住のテクノロジー(通信)関係の日本人の方ですが、子供さんが発達障害を抱えてられるそうで、ときどき教育・トレーニング関連の記事があります。いろいろ大変だと思うのですが、比較的淡々と書かれているので、わたしは読みやすいと思いました。ご参考までに。

      Reply
  • October 4, 2012 at 11:30 am
    Permalink

    ありがとうございます。たまたまタイミング的に子供に変化が見られただけなのに、それを藁にもすがる思いの親が読んで試し、みんなやっているから、うちもやらないわけにはいかないってパターンが大半なのじゃないかな~とは思うのですが、でももしかして?というのが心のどこかにあるんですよね。まあもう少しジャンクフード少なくするとか、その程度から始めてみます。
    今日は学校の先生にも聞いてみたのですが、なにも根拠がないし、やる必要ないとのことでした。

    ご紹介のブログ、いいですね。わかりやすいです。
    日本では、まだ母親の愛情不足だとか、しつけが悪いで責められ、普通の発達の子の母親の中には、我が家を避けるような人も多く、インチキ療法が蔓延し、公立の幼児教育ではほとんど発達障害は無視され、福祉課にまわされ、そこでは老人が列を作っており、もうさんざんでした。T T
    英語のサービスなんてありませんし。
    こっちに帰ってきた最大の理由がこれなんですよ。

    Reply
    • October 4, 2012 at 12:35 pm
      Permalink

      日本では未だに母親の愛情不足なんて誤解が蔓延っているんですね。インチキ情報・インチキ療法の類の多さは、原発事故関連の記事を見ても強く感じました。アメリカも問題の多い国ですけど、「ちょっと変わった子」を受け入れる懐は深いと思います。

      月並みなことしか言えませんが、応援してます!

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.

下の空欄に正しい数字を半角で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.