Santa Tracker

今、サンタさんはどこにいるのか?リアルタイムでサンタの行方を追える「サンタ・トラッカー」なるものがあるんですねえ。これを提供しているのはNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)。防衛予算もこんなものに使われているうちは平和でよいのですが…。「サンタ・カム」なるビデオまであります。ナレーションの後ろに管制塔のやりとりみたいなもんが入ってるという凝りようです。
http://www.noradsanta.org/

不景気!

今日の新聞の広告を見てると、つくづく景気が悪いんだなあと実感した。

この時期、新聞の広告はクリスマス、じゃなかった、この国にはクリスチャンじゃない人もたくさんいるんだから「ホリデイ」ギフトの広告ばかりである。普段なら宝石だとか大型電化製品とか、そういう値の張るものの広告ばかりなのだが、今年はなんと大型雑貨店の広告に yahtzee 、 monopoly が登場した。どちらもコンピューターゲームですらない、ただのアナログゲームである。 Yahtzee はサイコロの目の並びで点数を競うゲーム、 monopoly はご存知の通り、要は双六。「お金を使うばかりが能じゃない、電気代もかからない、こんな古くからあるゲームでも、家族みんなでテーブルを囲めば、ほら、幸せだなあ。」というメッセージなのだろうか。この不安な社会情勢の中で、どんな広告を出せば消費者の反感を買うことなく自社の宣伝をできるか、マーケティングと広告代理店が頭をひねりながら会議をしている様子が目に浮かぶようである。