Sarah Palin

マケインの副大統領候補は…

二年前にアラスカ州知事に選出されたばかり、その前は人口八千人だかのアラスカの町の市長だったという四十四歳、五児の母。イデオロギー的には超保守派とされている。

はあ〜???

「女性」を副大統領候補に据えることで、マケインはオバマ不支持のヒラリー支持層女性を魅き付けることができるとでも考えたのか???だとすれば、マケインはアメリカ人の知性をよっぽど低く見ているとしか言いようがない。ペイリンは「女性」という点を除けば、妊娠中絶反対、同性愛者の権利の拡大に反対、環境保護反対、銃保持賛成という、共和党保守層の夢としか言いようのないイデオロギーの持ち主で、ヒラリー支持層にアピールする部分は皆無だろう。

マケインの年齢(七十二歳)、ならびにガンの既往(悪性黒色腫で何度も手術を受けている)からみて、マケインの副大統領は大統領の職務を代行せざるをえない可能性が大、と広く噂されているが、彼女はロシアや中近東の海千山千の魑魅魍魎どもにどう対処するのか?国内政策の面でも、経済の低迷、未だに実現しない国民皆保険問題、移民法改革など、彼女がどういうスタンスにあるのか、全く謎である。

唯一確かなことは、この爆弾発表を民主党全国集会の翌日に行ったことで、メディアの関心が、前日のオバマのスピーチから大きく逸れてしまったということ。マケインの性格には、とにかく人を驚かせることを喜ぶ向きがあるようだが、その点からみれば、いかにもマケインらしいやり口とも言えなくもない。